G2Eアジア2014閉幕、日本勢存在感

(2014/05/24 13:22 配信)

産業・経済

5月20~22日の3日間、ヴェネチアンマカオのコタイエキスポホールでG2Eアジア2014が開催された。アジア最大のゲーミング関連エキジビションG2Eアジアは毎年この時期に開催され、今年で8年目。今回の出展社数は160、展覧面積は前回から16%増の8,640平米超となった。3日間の会期中のビジター数は約6,500名。

今回のG2Eでは、カジノ解禁間近の状況にある日本に対する関心が高く、業界関係者向けセミナーでも主要テーマとして取り上げられた。また、日本企業による出展や視察に訪れる日本人の姿も目立ち、日本勢の存在感を示す形となった。

日本企業で注目を集めたのがのG2E初出展となるセガサミークリエイションズ。セガサミーグループが2013年に立ち上げたゲーミング機器メーカーで、新たに開発した3台の大型電子ゲーミングマシンを会場で初披露。同じく初出展となるソニーがサーベランスシステム、凸版印刷が多点タッチが可能となるタッチディスプレーやメンバーシップカード発行システムをそれぞれ展示。この他、すでにマカオのカジノへ納品実績のあるアルゼゲーミングなどのゲーミング機器、JCMグローバル、グローリーなどのシステム、マツイやエンゼルといったチップ及びトランプメーカーなど、多数の日系企業も出展を行った。

今後、アジアのゲーミング情報のハブとして日本企業からマカオへの注目度がさらに増大するものとみられる。

セガサミークリエーションが出展したラッキーホイールマシン「寶龍大乾坤」(資料)―本紙撮影

セガサミークリエーションが出展したラッキーホイールマシン「寶龍大乾坤」(資料)―本紙撮影

産業・経済

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載