ギャラクシーエンタG、第1季33%増収

(2014/05/24 13:39 配信)

産業・経済

ギャラクシーマカオやスターワールドホテルなどを傘下に持つゲーミング大手のギャラクシーエンタテインメントグループは5月20日、今年(2014年)第1季決算を発表。売上は33%増で過去最高となる202億香港ドル、調整後EBITDAは38%増の38億香港ドル。

3月31日までの直近12カ月の調整後EBITDAは30%増の136億香港ドル。旗艦施設ギャラクシーマカオ、スターワールドホテルの調整後EBITDAがそれぞれ44%、26%増だったことを受けたもの。

主にVIPカジノ及びマスゲーミング(平場)の好調がグループの利益増長につながった。今年第1季のマネジメント基準計算によるゲーミング総売上は33%増の202億香港ドルに達し、このうちマスゲーミング売上が37%増の51億香港ドル、VIPPカジノが32%増の146億香港ドルだった。

同社が建設を進める旗艦施設ギャラクシーマカオの第2期プロジェクトについては予定通り2015年上半期落成予定、第3、4期についても最速で今年末に着工を予定しているという。また、先に買収を行ったグランドワルドホテルについてもリノベーション工事を経て2015年初頭に再オープンさせる見通し。この他、横琴新区の2.7平方キロの敷地についてのコンセプト作りも進めているという。

建設が進むギャラクシーマカオ第2期プロジェクトの完成予想図 (c) Galaxy Entertainment Group

建設が進むギャラクシーマカオ第2期プロジェクトの完成予想図 (c) Galaxy Entertainment Group

産業・経済

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載