マカオLRTマカオ線開通2018年頃か?

(2014/05/26 12:34 配信)

産業・経済

2012年末に着工したマカオLRT建設工事について、マカオ政府インフラオフィスはスケジュールに遅延が発生していることを認めた。日本の施工業者と地元業者の間のミスコミュニケーションや悪天候などが要因という。

5月25日付地元有力紙「澳門日報」が伝えた。マカオ政府インフラオフィスではマカオLRTの開通時期について、「タイパ線2016年」という目標を維持しているという。

タイパ線に比べて工事が難しいとされるマカオ線については、現在も未着工の状態。2014年末或いは2015年頭に土建工程の入札を行う予定となっていることから、タイパ線の工期が4年以上ということを考慮すると、開通時期は早くとも2018年以降になる公算。

土木業界関係者によると、2011年に見込んでいた予算は110億パタカだが、実際には200億パタカを超える見通しもあるとしている。

自動車・鉄道共用橋として建設された西灣大橋。LRTは下層部中央を走る(資料)―本紙撮影

自動車・鉄道共用橋として建設された西灣大橋。LRTは下層部中央を走る(資料)―本紙撮影

産業・経済

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載