フィッチ、マカオの通年カジノ売上予測を下方修正

(2014/07/16 11:36 配信)

カジノ

格付会社のフィッチレーティングス社が今年(2014年)のマカオの通年カジノ売上成長率をこれまでの12%増から10%増へと下方修正する最新のリポートを発表した。要因としてVIPゲーミング業務の弱体化に伴い、今年6月に直近5年内で初めて月間カジノ売上が下落したことを挙げている。

7月16日付地元有力紙「澳門日報」が15日の香港ロイター電を引用して伝えた。マカオの今年6月のカジノ売上は前月から15.9%後退したが、今年上半期のカジノ売上は前年同期比12.6%増とフィッチ社が昨年発表したの通年予想を上回っていた。しかし、W杯の影響によりカジノ売上が下落し、7月のVIPゲーミングについても弱含みとなる見込み。フィッチ社では、カジノ運営各社がゲーミングテーブルをミニマム別途の低いが高利益率が見込めるマスゲーミングフロア(平場)へ配置転換することで、VIPゲーミング業に影響が及ぶだろうとしている。

フィッチ社では、年末までにVIPゲーミング業務は少しずつ下降線をただるが、マスゲーミングについては25〜30%程度の成長を見込む、通年のマカオのカジノ収入は10%前後となるだろうとみている。

交通インフラの拡充に伴い、中国に数多く存在する中産階級にとってマカオを訪れる利便性が向上しているとし、長期的にはマスゲーミン業務グがカジノ売上の主役になるとの見通し。一方、VIPゲーミング業務は中国本土のマクロ経済に敏感に反応しやすいとした。

なお、今年10月から導入されるマスゲーミングフロアの禁煙化については、ゲーミングテーブル滞在時間の短縮といった形で影響が出る可能性を指摘している。

マカオのカジノ(写真はイメージ)―本誌撮影

マカオのカジノ(写真はイメージ)―本誌撮影

カジノ

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載