14年第2季カジノ売上、第1季比11%減

(2014/07/18 08:54 配信)

カジノ

マカオ政府博彩監察協調局は7月17日、今年(2014年)第2季のカジノ売上が第1季比11%元となる909億パタカ(日本円換算:約1兆1,524億円)だったと発表。このうち、VIPバカラが16%減となった。上半期トータルのカジノ売上は1,930億パタカ(約2兆4,468億円)となり、昨年同時期と比較して12.6%増。

中国本土経済の減速、VIPクラブの資金流動性の不足、6月中旬以降のW杯などの複合要因により、VIPクラブの売上がマイナス成長となったことが、第2季のカジノ売上に影響を及ぼしたとみられる。

第2季のVIPバカラによる売上は546.6億パタカ(約6,930億円)で、第1季の650.6億パタカ(約8,248億円)と比較して約16%の下落。マスゲーミング売上は同2.4%減の362.4億パタカ(約4,594億円)だった。

また、第2季のゲーミングテーブル数は同10台増の5,710台、スロット機は337台減の12,895台だった。

マカオのカジノ(写真はイメージ)―本誌撮影

マカオのカジノ(写真はイメージ)―本誌撮影

カジノ

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載