2014マカオGP 主催者がダフ屋行為に対する注意呼びかけ

(2014/11/13 11:00 配信)

観光

いよいよ今日(13日)から「サンシティグループ第61回マカオグランプリ」が開幕となった。16日までの4日間、マカオの街はグランプリムード一色となる。

今回のグランプリのチケットの販売状況は好調で、現地時間13日午前10時現在、すでに決勝レースが行われる15日、16日はすべての観覧席で完売状態となっている。テスト・予選レースが行われる14日については、まだ若干の残席が確認できた。

マカオグランプリ委員会は12日夜、ダフ屋行為に対して注意を呼びかける声明を発表した。委員会によると、インターネット上で関係者用のパスや招待券が高値で販売されているのを発見したとし、違法行為にあたることから、出所の追跡などの調査を進めているという。

公式チケット売場はマカオ外港フェリーターミナル前、レザボア(貯水池)スタンド前、ホテルリスボア前、スターワールドホテル前の4箇所のみ。

マカオグランプリの公式チケット売場イメージ=2010年、マカオ・外港フェリーターミナル前(資料写真)—本紙撮影

マカオグランプリの公式チケット売場イメージ=2010年、マカオ・外港フェリーターミナル前(資料写真)—本紙撮影

観光

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載