違法売春目的の香港渡航者4千人超、大半が中国本土から=14年

(2015/02/05 19:14 配信)

珠江デルタ

近年、違法な売春を目的として香港への渡航が増えており、昨年(2014年)のこれに絡む逮捕者数は2年前からおよそ15%増となる4000人以上に及んだ。このうち大半が中国本土からの旅客だったという。なお、最終的に起訴、有罪確定に至ったのは573人で、収監期間は6週間から18ヶ月とのこと。

香港の日刊紙「アップルデイリー」が2月5日付電子版で報じた。2月4日に香港保安局の黎棟国局長が議員からの質問に対して書面で回答した内容によると、昨年、違法な性的サービスを伴う仕事に従事したとして香港で逮捕された者の数は2012年比でおよそ15%増となる4133人に上ったという。このうち、約98%を占める4039人が中国本土、94人がその他の国からの渡航者だった。なお、、起訴及び有罪が確定したものは537人で、2012年との比較で37%減だった事実も明らかとなった。

また、香港入管と中国本土当局との間で情報交換を行い、有罪が確定した中国本土籍の者の香港渡航ビザの取り消し、2年以内の香港再入境を不可とする措置を取っているとのこと。さらに、逮捕には至っていないが入境条例に違反する行為に従事していると合理的に判断される者についても、香港への再入境時に審査を行い、渡航目的に不審な点があれば、入境不可とし、本土へ送還するとしている。

2014年に香港を訪れた旅客数は約6080万人に上り、約78%を中国本土からの旅客が占めた。九龍半島の尖沙咀からヴィクトリアハーバー、香港島のセントラルを望む(資料)—本紙撮影

2014年に香港を訪れた旅客数は約6080万人に上り、約78%を中国本土からの旅客が占めた。九龍半島の尖沙咀からヴィクトリアハーバー、香港島のセントラルを望む(資料)—本紙撮影

珠江デルタ

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載