マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

イベント

インターナショナルミュージアムデー

5月18日

2012年にはマカオの博物館が一堂に会した記念イベントが塔石広場で開催された(写真:ICM)
毎年一度、5月18日のインターナショナルミュージアムデー(國際博物館日)は1977年に国際博物館協会により定められたもの。この時期、マカオアートフェスティバルも開催される。

>> 続きを読む

仏誕(潅仏)祭/酔龍祭/潭公祭

5月19日

酔龍祭はマカオで代々受け継がれる勇壮なお祭り(写真:MGTO)
旧暦4月8日(2021年は5月19日)は、「仏誕(潅仏)祭」、「酔龍祭」、「潭公祭」という3つの中国系の祭日が重なる特別な日。マカオでは「佛誕節」としてパブリックホリデーに。

>> 続きを読む

第31回マカオアートフェスティバル

4月30日〜5月29日

会場のひとつとなるマカオ文化センター(写真:ICM)
毎年恒例で開催されるアートの祭典「マカオアートフェスティバル(澳門藝術節)」。

>> 続きを読む

マカオ博物館「MEMORY of THE PAST 館蔵ポストカード展」

2021年5月30日まで

東西文化の交差点、マカオの街の変遷をイラストや写真入りのポストカードを通じて知ることができる企画展。

>> 続きを読む

マカオ国際ドラゴンボートレース

6月12〜14日

マカオインターナショナルドラゴンボートレース(写真:MGTO)
マカオ半島の南灣湖を舞台に毎年開催されるドラゴンボートの国際レース。例年、6月上旬の土日、端午節(パブリックホリデー)の3日間にわたって開催される。地元マカオの企業や公務員チームをはじめ、香港、日本など域外からの参加も多い。

>> 続きを読む

端午節

6月14日

マカオでは旧暦5月5日(2021年は6月14日)が端午節として公衆休日(パブリックホリデー)となる。

>> 続きを読む

ナーチャ祭

6月27日

毎年旧暦5月18日に行われるマカオの伝統行事「ナーチャ祭(哪吒誕)」。ナーチャとはマカオを疫病の蔓延から救ったという言い伝えを持つ少年神で、ナーチャ廟に祀られている。当日、ナーチャ役に扮した少年を乗せた山車が街を練り歩く。2021年は6月27日にあたる。

>> 続きを読む

Trapped x Escape – An Eternal Theme

7月2日まで

タイパヴィレッジ・アートスペースが開催する今年2回目のエキジビション。

>> 続きを読む

マカオ国際観光(産業)エキスポ(MITE)

7月9〜11日(暫定)

MITE会場のイメージ。写真は2018年のマカオパビリオン(写真:MGTO)
マカオ特別行政区旅遊局(MGTO)の主催で年に一度開催される大規模国際旅行博。2021年に第9回目を迎える。

>> 続きを読む

關帝祭

8月2日

毎年旧暦6月24日(2021年は8月2日)に行われる道教の神様「關帝(関帝)」の生誕を祝う祭事。世界遺産・関帝廟(三街會館)周辺では、勇壮なライオンダンスの奉納が行われる。

>> 続きを読む

1 / 3 1 2 3

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年4月24日発刊 (5月号 vol.095」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース