マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

イベント

春節祝賀パレード

1月27日&2月1日

2019年の春節3日目(2月7日)夜に開催されたパレードの様子(写真:GCS)
春節(旧正月)を記念して毎年開催される華やかなパレード。個性豊かな山車をはじめ、世界各地から集まったパフォーマーたちがマカオの街を行進する。

>> 続きを読む

ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)

レジデントショー

(c) City of Dreams
シティ・オブ・ドリームズでレジデントショーとして上演されている「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)」。想像をはるかに超える大型舞台装置、意表を突く演出、ハイクオリティかつ高感度なパフォーマンスで観客を楽しませる、マカオが世界に誇る本格エンタテインメント。

>> 続きを読む

春節(旧正月)ホリデー

1月25日〜29日

春節の恒例行事、媽閣廟前のドラゴンダンス (c) MGTO 旅遊局
「春節」とは日本で一般的に旧正月と呼ばれる旧暦(マカオでは「農暦」という表記を使う)の元旦を指す。2020年(干支は「庚子(かのえ・ね)」)の元旦は1月25日で、正月三が日にあたる25日~27日の農暦正月初一、二、三日が公衆休日(パブリックホリデー)、28、29日は振替休日となる。また、大晦日にあたる24日は午後半休というところが多い。

>> 続きを読む

土地誕

2月24日

マカオで旧暦2月2日(2020年は2月24日)に行われる伝統行事のひとつ。地域を守護する道教の土地神の誕生を祝賀するもので、各地にある土地神を祀ったお寺(土地廟)で粤劇(広東オペラ)の奉納などが行われる。

>> 続きを読む

パッソス聖体行列

2月29日・3月1日

パッソス聖体行列(写真:ICM)
マカオにカトリックマカオ教区が設立された16世紀以来続くカトリックの伝統行事で、2日間にわたって行われる。日程は毎年変動し、2020年は2月29日〜3月1日。

>> 続きを読む

北帝誕(北帝生誕祭)

3月26日

伝説で北方の神、水神として知られる北帝(Pak Tai)、別名玄武大帝の誕生日を祝うイベントで、旧暦三月初三(2020年は3月26日)にあたる。

>> 続きを読む

清明節

4月4日

墓参りに訪れた市民らにデング熱予防に関するチラシを配布する衛生局スタッフ=2018年4月5日、新西洋墳場(写真:GCS)
二十四節気の1つで、2020年は4月4日。マカオの公衆休日(パブリックホリデー)となっている。(6日が振替休日のため3連休)

>> 続きを読む

イースターホリデー

4月10日〜4月13日

イースターとは十字架に架けられたキリストが3日後に復活したこと記念するもの。年間行事で、漢字では復活節と表記される。イースターは、「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われることになっており、2020年は4月12日にあたる。

>> 続きを読む

天后節/媽祖生誕祭

4月15日

「娘媽誕(A-Ma Festival」)」は船乗りを守る少女神「娘媽」(別名:天后、媽祖)の誕生を記念した祭日。日本語では天后節や媽祖生誕祭と呼ばれる。2020年は4月15日。

>> 続きを読む

マカオ国際観光(産業)エキスポ(MITE)

4月24〜26日

MITE会場のイメージ。写真は2018年のマカオパビリオン(写真:MGTO)
マカオ特別行政区旅遊局(MGTO)の主催で年に一度開催される大規模国際旅行博。今年は第8回目の開催となる。

>> 続きを読む

1 / 7 1 2 3 4 5 6 7

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年12月25日発刊 (1月号 vol.079」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース