マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

イベント

マカオライトフェスティバル2018

12月2日~2019年1月20日

美食ナイトマーケットのイメージ(写真:MGTO)
2015年からスタートしたウィンターイベント。前回(2017年)は市内の広場や歴史的建造物を舞台にインタラクティブ型の3Dプロジェクションマッピングや光のインスタレーション作品の展示などが行われた。

>> 続きを読む

ラ・パリジェンヌ-キャバレー・フランセーズ

〜2月3日

「ラ・パリジェンヌ-キャバレー・フランセーズ」のワンシーン(写真:The Parisian Macao)
パリのキャバレーをイメージしたモダン&トラディショナルアートの融合、革新的かつクラシカルな38人のパフォーマーによるエンターテイメントショーがマカオ初上陸。

>> 続きを読む

春節(旧正月)ホリデー

2月5日〜7日

春節の恒例行事、媽閣廟前のドラゴンダンス (c) MGTO 旅遊局
「春節」とは日本で一般的に旧正月と呼ばれる旧暦(マカオでは「農暦」という表記を使う)の元旦を指す。2010年(干支は「己亥(つちのと・い)」)の元旦は2月5日で、正月三が日にあたる5日~7日の農暦正月初一、二、三日が公衆休日(パブリックホリデー)となる。また、大晦日に当たる4日は午後半休というところが多い。

>> 続きを読む

春節祝賀パレード

2月7日、10日

2018年の春節3日目(2月18日)夜に開催されたパレードの様子(写真:GCS)
春節(旧正月)を記念して毎年開催される華やかなパレード。個性豊かな山車をはじめ、世界各地から集まったパフォーマーたちがマカオの街を行進する。

>> 続きを読む

きかんしゃトーマス&リトルビッグクラブ・オールスターズ

2019年2月28日まで

「きかんしゃトーマス&リトルビッグクラブ・オールスターズ」イメージ(写真:Sands Cotai Central)
コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「サンズコタイセントラル」で毎日開催されるキャラクターイベント。

>> 続きを読む

土地誕

3月8日

マカオで旧暦2月2日(2019年は3月8日)に行われる伝統行事のひとつ。地域を守護する道教の土地神の誕生を祝賀するもので、各地にある土地神を祀ったお寺(土地廟)で粤劇(広東オペラ)の奉納などが行われる。

>> 続きを読む

ザ・シャンハイ・スクール・オブ・ペインティング-故宮博物院蔵海上派書画コレクション展

3月10日まで

展示作品のひとつ、海上派四傑に数えられる虛谷の作品『紫藤金魚』(写真:ICM)
北京の故宮博物院が所蔵する19世紀中頃から20世紀初期にかけて中国・上海で盛り上がった絵画運動「海上派」を代表する作家、四傑とされる虛谷、任頤、呉昌碩、蒲華、四任と呼ばれる任熊、任薰任頤、任預のほか趙之謙、呉讓之ら20人の作品90点を展示。

>> 続きを読む

パッソス聖体行列

3月9、10日

パッソス聖体行列(写真:ICM)
マカオにカトリックマカオ教区が設立された16世以来続くカトリックの伝統行事で、2日間にわたって行われる。日程は毎年変動し、2019年は3月9〜10日。

>> 続きを読む

エレクロン(狂電派)

レジデントショー

「エレクロン」のイメージ(写真:Melco Resorts & Entertainment Limited)
2019年1月からスタジオ・シティ・マカオで上演スタートのレジデントショー。

>> 続きを読む

清明節

4月5日

墓参りに訪れた市民らにデング熱予防に関するチラシを配布する衛生局スタッフ=2018年4月5日、新西洋墳場(写真:GCS)
二十四節気の1つで、2019年は4月5日。マカオの公衆休日(パブリックホリデー)となる。

>> 続きを読む

1 / 7 1 2 3 4 5 6 7

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年12月26日発刊 (1月号 vol.067」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース