その他エリアのホテル

その他エリア(タイパ/コロアン島)のホテル概況

タイパ島は新興住宅街として開発が進む地区。外国人居住者が多い地区でもあり、日本人駐在員の多くがタイパ島の高級マンションに暮らしている。タイパ島では住宅街の中にパックツアー客をメインとした中規模クラスのホテルが複数点在するイメージだ。島の北側にあるアルティラマカオが孤高の存在といえる。マカオ最南端に位置するコロアン島は自然が多く残り、カジノがない島として知られる。大型ホテルは島の南にあるゴルフ場併設で欧米人から人気の高いグランドコロアンリゾートのみ。タイパ島、コロアン島ともにホテル周辺に観光地やビジネス関連施設が少ないため、観光、出張のどちらの目的だったとしても滞在中に必ずマカオ半島やコタイ地区との往来が必要になるだろう。

その他エリア(タイパ/コロアン島)の厳選ホテル

アルティラマカオ☆☆☆☆☆
リージェンシー アート ホテル★★★★★
グランドコロアンリゾート★★★★★
ポウサダ・デ・コロアン★★★★

他のエリアもチェック

マカオ半島

マカオの政治、経済、文化の中心。世界遺産、商業ビル、政府機関が集中するのは新口岸地区と新馬路周辺で、ホテルも大半がこのエリアに。よりオフィス街に近い中心部に地元マカオや香港資本の3つ星、4つ星クラスの中規模シティホテルが多く集まり、大規模な欧米資本の豪華リゾートホテルは新口岸地区に集中している印象。

コタイ地区

埋め立て造成されたこの地区には大規模なリゾート群が建ち並ぶ。1つのリゾートに複数のホテルが入居することも多く、ホテル選びの際はリゾートの規模や雰囲気、共用施設のチェックも欠かせない。コタイ地区を東西に貫く、いわゆる「コタイストリップ」周辺に施設が集中している。マカオLRTタイパ線の開業によって施設間の移動が便利になった。

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  2.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…

最近の記事

  1.  マカオ金融管理局は7月15日、今年(2024年)6月末のマカオ特別行政区の外貨準備高(外匯儲備資…
  2.  マカオ半島新口岸地区にあるニューオリエントランドマークホテル(新東方置地酒店)のボールルームで7…
  3.  マカオを中心にアジア、欧州で統合型リゾート(IR)施設の開発・所有・運営を行うメルコリゾーツ&エ…
  4.  香港では、きょう(7月14日)午前0時からタクシー運賃が値上げとなった。値上げは2022年7月以…
  5.  マカオ市政署(IAM)は7月10日、コロアン島にある石排灣郊野公園で飼育・展示してきたキタホオジ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun