マカオ警察、職務質問振り切って逃走したタンザニア人の男の身柄確保時に催涙スプレー使用…逃走中に違法薬物投棄

今年(2019年)1月、法律で定められた禁煙ゾーンで喫煙していた男が注意をした治安警察局所属の警察官に襲いかかる事件が発生したことを受け、2月からカジノ周辺で任務に当たる警察官への催涙スプレーの配備がスタートした。

マカオ治安警察局は5月30日、同月25日に不審者の身柄を拘束する際、催涙スプレーを使用したと発表。

警察発表によれば、25日午後6時頃、マカオ半島北部の高士徳エリアで巡回パトロールを行っていた際、不審な外国人の男を発見し、職務質問への協力を求めたところ、振り切って逃走を図ったとのこと。警察官が男を追跡する中で、男が何らかの物体が入った小さな袋を2点投棄したのを確認し、収集。男はまもなく応援に駆けつけた警察官によって行方を遮られたが、ファイティングポーズを取るなど強烈な反抗姿勢を示した上、男が屈強な体格だったことから、身柄確保のためやむなく催涙スプレーを使用するに至ったという。なお、身柄確保行動において警察官2人が腕を負傷、うち1人は頭部を殴られたとした。

その後、警察の鑑定により男が投棄した物品が乾燥大麻及びアイス(シャブ)、末端価格にして合計約3400マカオパタカ(日本円換算:約4万5600円)相当であると判明。男に対する薬物検査の結果は陰性だったことから、男が販売目的で違法薬物を所持していた疑いが強いとした。

なお、男は警察官を負傷させたこと、違法薬物所持のいずれも否認しているというが、警察は、この20代のタンザニア人の男を傷害、公務執行妨害、脅迫、違法麻薬・向精神薬販売の罪で送検する方針。

被疑者が所持していたアイス(シャブ)と呼ばれる違法薬物(写真:マカオ治安警察局)

被疑者が所持していたアイス(シャブ)と呼ばれる違法薬物(写真:マカオ治安警察局)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府衛生局は4月23日夜、マカオで「人食いバクテリア」と呼ばれる細菌のひとつ、ビブリオ・バ…
  2.  このほどマカオ政府財政局が公表した最新の財政収支資料によれば、今年(2024年)1〜3月累計の歳…
  3.  今年(2024年)6月23日から7月3日にかけて、マカオでISF(国際学校スポーツ連盟)「ワール…
  4.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)グランドリスボアパレス(上葡京)で4月22日、世界…
  5.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社は4月22日、マカオ特別行政区の成立25周…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun