「騒音法」草案まとまる

マカオ政府立法会は1月2日、「環境騒音の予防とコントロールに関する法律」、いわゆる「騒音法」の草案についての審議を終えたことを発表した。マカオでは急速な社会・経済発展に伴い騒音問題が深刻化しており、市民生活に影響を及ぼしているという。

環境保護局によると、生活騒音及び建築工事に関する苦情が多く、2012年の統計ではそれぞれ66.0%、24.2%を占めた。市民生活に影響の大きい生活騒音と建設工事に関する騒音を法律で規制することで、市民の健康と安寧の確保につなげたい意向だ。

建築工事に関しては、杭打ち行程において騒音レベル85デシベルを20分以上超過してはならないと規定。また、伝統的パッカーシブディーゼルハンマー、空気ハンマー、スチームハンマーの使用を一部の例外を除いて全面禁止する。違反した場合の罰則は罰金10~20万パタカ。

生活騒音については午後10時から翌朝8時までのマンションにおける楽器の演奏、麻雀、ペットの鳴き声などの騒音、公共の場所における他人の安寧及び休息に影響を及ぼす騒音を規制の対象とする。違反した場合の罰則は罰金600パタカ。生活騒音については建設工事のような明確な数値による規定がないことから、運用上の混乱も予想される。

騒音法は公布後満30日で施行される。

騒音等に対する注意を促す看板(資料)=塔石広場―本紙撮影

騒音等に対する注意を促す看板(資料)=塔石広場―本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  このほどマカオの公立総合大学にあたるマカオ大学(澳門大學)は、マカオのヘルスケア産業の発展に寄与…
  2.  マカオ政府統計調査局(DSEC)は2月23日、今年(2024年)1月の訪マカオ外客数(インバウン…
  3.  マカオ政府統計調査局が2月23日に公表した資料によれば、今年(2024年)1月の総合消費者物価指…
  4.  マカオ治安警察局は2月23日、マカオのタクシー車内で拾ったスマホを届け出せずに着服、転売したとし…
  5.  マカオ政府教育・青年発展局(DSEDJ)は2月23日、同日アメリカの元プロバスケットボール選手で…

ピックアップ記事

  1.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
  3.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年3月号
(vol.129)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun