マカオのカジノ全面禁煙化案、経済への影響有無で賛否分かれる

マカオのカジノ売上が昨年(2014年)6月から今年5月まで12ヶ月連続で前年割れとなる中、マカオ政府社会文化庁のアレクシス・タム(譚俊栄)長官は5月12日、政府としてカジノフロアの完全禁煙化を検討していることを明らかにした。現在、マカオのカジノでは、VIPルームが分煙、マスゲーミングフロア(平場)は禁煙だが、フロア内に喫煙ルームが設置されている。

タム長官によると、政府の目指す全面禁煙化とは、VIPルームを禁煙化し、喫煙ルームの設置も認めないとするもの。

マカオの政府系放送局TDMが6月7日、カジノ全面禁煙化及び喫煙ルームの設置継続の是非をテーマにした公開討論番組を生中継で放送。パネリスト、観覧者の間で、マカオ経済全体に与えるマイナス影響の有無について、大きく意見が分かれる結果となった。

パネリストとして登壇したVIPルーム業者らで構成されるマカオゲーミング仲介人協会の郭志忠会長は、マカオ全体のカジノ売上に占めるVIPルームの割合は56%と大きく、顧客は喫煙者が多いことから、全面禁煙化は災難ともいえる大きなインパクトを与え、マカオ全体の経済にもマイナス影響を及ぼしかねないと指摘。同協会は、カジノフロアの禁煙化には理解を示すものの、喫煙ルームの設置継続を求めている。

一方、マカオゲーミング企業従業員協会の蔡錦富総幹事は、目下、VIPルームは喫煙可能であるにもかかわらず、VIPカジノ売上の下落や一部VIPルームの閉鎖などが見受けられることから、禁煙のみが経営に影響を与える要因とは言い難いとした。

また、マカオ政府衛生局たばこ規制局の鄧志豪主任は、喫煙ルームを設置した場合、カジノフロアから完全にたばこの煙を除去することはできないとするWHO(世界保健機関)等の研究結果を紹介。

レスポンシブルゲーミング(責任あるゲーミング)協会の宋偉傑理事長は、マカオ経済のカジノ依存度は極めて高く、カジノ完全禁煙化案の是非を巡る意見対立につながっているとし、マカオ政府に対して産業の多角化を速やかに推進するよう求めるとした。

マカオにとって、カジノは屋台骨ともいえる産業となっている。マカオ政府の歳入に占めるカジノ税収の割合は昨年実績で約8割、仲介人(=いわゆる「ジャンケット」)及び仲介人パートナーを含むマカオのカジノ業従事者数はおよそ8万人程度いるとみられ、マカオの人口64万人の8分の1、就業人口40万人の5分の1を占める。

マカオのカジノ施設のマスゲーミングフロア(平場)に設置されている喫煙ルーム(資料)=2015年5月—本紙撮影

マカオのカジノ施設のマスゲーミングフロア(平場)に設置されている喫煙ルーム(資料)=2015年5月—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオで複数のカジノIR(統合型リゾート)を運営するサンズチャイナ社は4月18日、今年(2024…
  2.  マカオ政府衛生局(SSM)は4月17日夜、マカオで今年(2024年)4人目となる在郷軍人病(退役…
  3.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカップマカオ…
  4.  このほどマカオのゲーミング規制当局(博彩監察協調局=DICJ)が公表した今年第1四半期(2024…
  5.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)3月の住宅売買・…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun