中国人ギャンブラーがマカオ就労ビザ不正取得…往来簡便化目的=ホテルと共謀

マカオは1999年にポルトガルから中国に返還されたが、以降も独自の出入境管理を行っている。中国本土籍の旅客がマカオを訪れる際、香港マカオ往来通行証と呼ばれる渡航証とビザに相当する渡航許可を取得するのが一般的だが、およそ2〜3ヶ月に1回7日間といったかたちで一定期間内の入境回数や滞在日数などに制限が設けられている。

マカオ司法警察局が2月19日に発表した内容によれば、昨年(2015年)摘発した密航事案について捜査をしている中で、複数の密航者がマカオの労働許可(就労ビザ)取得者に付与される身分証明書(通称ブルーカード)を所持していたことが発覚。その経緯を追っていたところ、マカオ中区の某ホテルが自社に割り当てられた域外労働者向けの労働ビザ配分枠の余剰分を使い、頻繁にマカオを訪れるギャンブラーらの往来簡便化目的で不正に申請、取得したものである疑いが強まったという。

同局は発表前日の午後7時頃、この件に絡み、中国広東省シンセン市出身の自動車パーツ売買業経営者の男(39)をマカオ外港フェリーターミナルから出境しようとした際に拘束。男はホテルが清掃員として当局に申請、取得したブルーカードを所持していたという。

同局の調べで、男は頻繁にマカオへの渡航を繰り返し、また、ホテルに出勤した形跡はなかったという。被疑者は往来簡便化のためにブルーカードを仲介者を通じてホテルに5万香港ドル(日本円換算:約75万円)を支払って「購入」したことを認める供述をしているとのこと。同局は、この男を文書偽造容疑で逮捕し、引き続き仲介者やホテル内部の協力者など、関係者の洗い出しを進めているという。

マカオは中国本土旅客を中心に年間3000万人以上の旅客が訪れるアジア有数の観光都市として知られる。出入境施設の審査場が混雑することも多いが、ブルーカードは自動化ゲートを利用することができ、手続きにかかる時間も少なくて済む。

マカオ司法警察局(資料)—本紙撮影

マカオ司法警察局(資料)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計・センサス局は6月19日、今年(2024年)4月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  2.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオの運営会社は6月18日、来月(7…
  3.  マカオ司法警察局は6月18日、マカオで被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、30代の香…
  4.  マカオ治安警察局は6月18日、いわゆる車上荒らしをしたとして40代の中国人(中国本土居民)の男を…
  5.  マカオ半島中区に位置する統合型リゾート(IR)グランドリスボアマカオを運営するSJMリゾーツ社は…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun