「日本秋祭in香港-魅力再発見-」開催及び公式ロゴマーク決定=香港で日本を楽しむ現地日本ファン向けイベント

在香港日本国総領事館は8月1日、今年(2016年)10〜11月の2ヶ月間、地元コミュニティとの協力による「日本秋祭in香港-魅力再発見-」の開催及び公式ロゴマーク決定を知らせるプレスリリースを発出した。

香港は日本ファンが多いことで知られる。例を挙げると、香港の人口あたりの訪日旅行客数は世界一だ。2015年の香港から日本への旅行者数は152万人を超え、2016年は180万人に達する見込み。また、2015年までの11年間、香港は日本の農林水産物の世界最大の輸出先となっている。

「日本秋祭」は今回が初めての開催。日本ファンが多い香港で、日本の魅力を再発見し、楽しんでもらうためのイベントとして計画されたもの。現時点で、この趣旨に賛同した映画、音楽、伝統・現代芸術、食と酒、スポーツ、学術交流など50以上ものイベントが認定行事としてエントリーされており、それぞれの詳細については8月中旬以降公開予定の公式ウェブサイトで順次案内されるとのこと。

一般公募された「日本秋祭」の公式ロゴマークについては、香港及び日本から58点の応募があり、イベント認定委員会による厳正な審査の結果、神奈川県横須賀市在住のグラフックデザイナー、奥野和夫さんの作品に決定した。奥野さんがデザインに込めた思いをまとめたメッセージは下記の通り。

「一般的に秋というと茶色を連想されることが多いかと思いますが、日本の秋は古来より色鮮やかなイメージがあります。天高くまで澄み渡る青空と白い雲、緑色に混じり紅や黄色に染まる山々、それらを映しだす鏡のような川や湖の水面・・・・そんな様子をロゴマークでは、日本の秋を象徴する「菊」の花を散りばめることで表現しました。

「菊」は、春に咲く「桜」とともに日本らしい花のひとつです。桜の季節とは違う日本のイメージも香港の皆様にぜひ知っていただきたく思います。菊は薬用として中国より伝わり、世界に類を見ないほど日本で品種改良がなされ、その美しい姿は工芸品などの意匠にまで高められてきました。その歴史からも日本人にとっての「菊」は、「創意工夫」の象徴ではないかと私は考えています。また、一輪の菊の花は、一枚一枚の花びらがそれぞれ独立した花であり、それらの集合体として一輪の花が成り立っています。相手を思いやり、チームワークを重んじる日本企業や日本の社会にとってふさわしい花とも言えます。

香港の皆様には、ぜひとも「日本秋祭 in 香港」で「創意工夫」と「思いやり」に満ちあふれた日本文化や日本のモノ、サービスの魅力を再発見していただくことを心より願っております。」

「日本秋祭 in 香港」公式ロゴマーク(図版提供:在香港日本国総領事館)

「日本秋祭 in 香港」公式ロゴマーク(図版提供:在香港日本国総領事館)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局は7月18日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…
  2.  マカオ司法警察局と治安警察局は7月17日に合同会見を開き、同月16日にマカオ半島新口岸地区にある…
  3.  マカオ治安警察局は7月17日、マカオ半島北部にある關閘エリアの路上にいた男性に声をかけて模造品の…
  4.  このほどマカオのゲーミング規制当局(博彩監察協調局=DICJ)が公表した今年第2四半期(2024…
  5.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)6月の住宅売買・…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun