2019年マカオ旅行会社調査結果公表…収入9.5%減も利益は21.9%増

 マカオはアジア有数の国際観光都市として知られる。昨年(2019年)のインバウンド旅客数は港珠澳大橋の開通といった追い風もあり、過去最多となる延べ約3940万人に達した。

 マカオ政府統計調査局は9月28日、昨年のマカオの旅行会社に関する調査結果を公表。

 昨年時点で営業中の旅行会社数は前年から3社減の218社、従業員数は運転手に対する需要の高まりによる雇用増を受けて、1.9%増の4614人に。業界全体の総収入は9.5%減の82.9億マカオパタカ(日本円換算:約1098億円)、総支出は11.0%減の77.9億パタカ(約1031億円)。

 団体ツアー参加者及び旅行会社のサービスを利用して域外へ旅行に出かけるマカオ居民が減少したことを受け、旅行会社のホテル客室予約サービス収入は11.2%減の25.9億マカオパタカ(約343億円)、団体ツアー収入は12.6%減の21.7億マカオパタカ(約287億円)、客運チケット収入は14.7%増の15.1億マカオパタカ(約200億円)にとどまった。一方、運転手付きの車両チャーターサービス収入は10.8%増の13.4億マカオパタカ(約177億円)に。

 支出については、購買、サービス、コミッションが主で、前年から14.7%減の60.4億マカオパタカ(約800億円)。内訳は、ホテル客室サービス支払いが10.9%減の24.7億マカオパタカ(約327億円)、団体ツアーが17.1%減の17.3億マカオパタカ(約229億円)、客運チケット費用が18.0%減の14.6億マカオパタカ(約193億円)。自動車レンタル代が12.9%増の4.5億マカオパタカ(約60億円)となったことで、営業費用は4.6%増の8.9億マカオパタカ(約118億円)に。このほか、メンテナンス費用が30.1%減の4027万マカオパタカ(約5.3億円)、マーケティング・プロモーション費用が38.3%減の1225万マカオパタカ(約1.6億円)の減少幅が大きかった。従業員支出は4.8%増の8.6億マカオパタカ(約114億円)、このうち現金報酬が5.2%増の8.2億マカオパタカ(約109億円)で、全体の95%を占めた。

マカオ歴史市街地区にあるモンテの砦から望む町並み(資料)=2020年4月本紙撮影

 規模別にみると、従業員50人以上の旅行会社は前年から1社減の19社あり、収入は6.8%減の29.2億マカオパタカ(約387億円)。主な収入源は運転手付きの車両チャーターサービスの9.7億マカオパタカ(約128億円)及びホテル客室予約サービスの6.6億マカオパタカ(約87億円)、団体旅行の6.1億マカオパタカ(約81億円)。従業員数30〜49人の旅行会社は1社増の14社で、収入は0.8%減の20.2億マカオパタカ(約267億円)、このうち60.8%にあたる12.3億マカオパタカ(約163億円)がホテル客室予約サービスによるもの。

 従業員数10〜29人の旅行会社は7社増の85社で、団体ツアーによる収入がが12.9億マカオパタカ(約171億円)及び客運チケットサービスが5.9億マカオパタカ(約78億円)がいずれも下落したため、この規模の旅行会社の収入は11.8%減の25.3億マカオパタカ(約335億円)に。従業員数10人以下の旅行会社は10社減の100社で、収入は27.3%減の8.2億マカオパタカ(約109億円)、主な内訳はホテル客室予約サービスの3.3億マカオパタカ(約44億円)及び客運チケットの2.3億マカオパタカ(約30億円)で、それぞれ23.7%、33.2%の減だった。

 旅行会社の収入は前年から減少したが、購買、サービス、コミッション支出も大幅に圧縮されており、業界の経済貢献を示す付加価値総額は10.6%増の13.7億マカオパタカ(約181億円)、利益は21.9%増の5.1億マカオパタカ(約68億円)、利益率は1.6ポイント上昇の6.2%、経費利益率は1.8ポイント上昇の6.6%となった。なお、一部の旅行会社で昨年自動車、店舗の追加が減少したため、固定資本形成総額は4.0%減の1.9億マカオパタカ(約25億円)に。

 今年に入って以降、コロナ禍で各国・地域が水際措置を強化して臨んでおり、マカオの旅行会社は大きな逆風にさらされている。

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府衛生局は4月23日夜、マカオで「人食いバクテリア」と呼ばれる細菌のひとつ、ビブリオ・バ…
  2.  このほどマカオ政府財政局が公表した最新の財政収支資料によれば、今年(2024年)1〜3月累計の歳…
  3.  今年(2024年)6月23日から7月3日にかけて、マカオでISF(国際学校スポーツ連盟)「ワール…
  4.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)グランドリスボアパレス(上葡京)で4月22日、世界…
  5.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社は4月22日、マカオ特別行政区の成立25周…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun