香港、4/20の新型コロナ感染確認は8人…市中感染4人、輸入性3人中フィリピンからの入境者1人がN501Y変異株ウイルス

 人口約750万人の香港では、昨年(2020年)11月下旬から新型コロナウイルス感染症の流行「第4波」が続いている。

 香港政府の発表によれば、4月20日午前0時時点集計の単日の新規感染確認数は前日から4人減の8人とのこと。内訳は輸入性(海外からの入境者)が3人、市中感染が4人、未分類が1人。

 市中感染のうち1人はインドネシア国籍のホームヘルパー。九龍・尖沙咀のラマダ香港グランドホテルで21日間の隔離検疫を受け、検疫期間が満了した後は契約先の家庭に住み込みで働いたという。近日、同じホテルで隔離検疫を受けていたインド国籍の男性が検疫期間を満了して市中に出た後にN501Y変異株ウイルスに感染していたことが確認されており、香港衛生当局ではこのホテル内における交差感染が発生した可能性を危惧しているとした。

 未分類の1人は中国・福建省から高速鉄道を利用して香港へ入境し、入境後は九龍・荃灣地区にある極狭アパートの一室で隔離検疫を受けていた。隔離検疫中に家人の出入りがあったことから、輸入性と市中感染の両方の可能性があることから、未分類とされたという。

 また、輸入性のうちフィリピンからの入境者1人がN501Y変異株ウイルスに感染していたとのこと。

 香港における過去14日間累計の新規感染確認は171人で、その約22%を占める市中感染37人のうち感染経路不明は11人。ここまでの累計感染確認数は1万1704人、退院者数は1万1286人、死者数は209人。

 近日、香港政府が変異株ウイルスの流入阻止を目的とした水際措置の強化を相次いで打ち出している。

4月19〜20日にかけて局地ロックダウンが実施された九龍・荃灣エリアの一角で住民に対してウイルス検査を受けたかどうかの確認を行う政府職員(写真:news.gov.hk)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は6月20日、マカオで高齢者の被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案3件に関与…
  2.  マカオ政府統計・センサス局が6月21日に公表した資料によれば、今年(2024年)5月の総合消費者…
  3.  マカオではアフターコロナで社会・経済の正常化が進んだ昨年(2023年)から歩行者による禁止場所で…
  4.  マカオ政府統計・センサス局(DSEC)は6月21日、今年(2024年)5月及び1~5月累計の訪マ…
  5.  マカオ政府環境保護局(DSPA)は6月20日、同局が主催する2023年度「マカオグリーンホテルア…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun