マカオのホテル客室内で発生した女性殺人事件の容疑者逮捕…計画的犯行の可能性も

 3月12日、マカオ半島の中区にあるホテルの客室内でマカオ人の女性(45)の遺体が見つかり、遺体の頭部に不尋常な傷跡が複数あったことから、マカオ司法警察局が殺人事件として捜査を行っていた。

 その後、同局は翌13日に容疑者として香港人の無職の男(45)を逮捕したと発表。14日午後に会見を開き、詳細を明らかにした。

 同局の発表によれば、被疑者は被害者から性的サービスを受けさたいに侮蔑の言葉を浴びせられたことに腹を立てて硬いものを手に持って複数回にわたって相手の頭部を攻撃したと供述しているとのこと。同局は通報から10時間以内で容疑者逮捕に至り、DNA鑑定などの結果と合わせ、被疑者による犯行である形跡が明瞭とし、過重殺人及び窃盗罪で検察院送致するとした。

 被害者は、客室内のシャワールームにうつ伏せの状態で発見され、左頭骨に15ミリ大の傷口があったほか、頭骨の損傷も重大で、硬いもので複数回攻撃されたことによる脳への損傷が死因との見方を示した。シャワールームの壁面からは複数の血痕が見つかり、ここが殺害現場となった可能性が高いが、客室内から凶器は見つかっていないという。

 ホテルの監視カメラ映像の分析から、被害者は今年(2023年)2月中旬からこの客室を借り、客を取って性的なマッサージサービスを提供していたことが判明。被疑者は3月10日午後9時頃にバッグを持って被害者の客室に入り、30分後に部屋を出たといい、この際に所持していたスーツケースはチャックがきちんと閉まっておらず、客室から持ち出した枕が露出していたという。同局が12日に通報を受けて捜査に着手した後、この枕がマカオ半島北部の三盞燈エリアにあるビルのG階(日本の1階に相当)の物置スペースから発見され、公共エリアの監視システムなどを活用して被疑者の行方を追い、同日午後9時頃、マカオ半島東部にある新口岸アクティビティセンターで身柄の拘束に成功したとのこと。

 被疑者は昨年(2022年)3月にマカオへ入境した後、公園や荒廃した雑居ビルなどを転々としながら路上生活を送っていたと話しているという。同局では、被疑者が犯行後に被害者の携帯電話を奪って逃走したこと、犯行現場を清掃していたこと、多くの場所を徘徊しながら9つのビルに証拠を分散して隠したことが捜査撹乱を目的とした可能性があることなどから、計画的な犯行である可能性も排除できないとし、引き続き捜査を継続するとしている。なお、被疑者は計画的犯行を否定する供述しているという。

 なお、現場となったのはペンサオンと呼ばれる格安ホテルで、多くの市民や観光客で賑わう世界遺産セナド広場から徒歩すぐ、メインストリートの新馬路から路地に入った先に位置する。

マカオ司法警察局(資料)=本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計・センサス局は7月19日、今年(2024年)5月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  2.  マカオ金融管理局(AMCM)は7月18日、今年上半期(2024年1〜6月)のマカオのモバイル決済…
  3.  マカオ治安警察局は7月20日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…
  4.  マカオ司法警察局は7月18日、車上荒らしで高級腕時計を盗み質入れしたとして20代のマカオ人の男を…
  5.  マカオ政府統計・センサス局(DSEC)は7月19日、今年(2024年)6月及び上半期(1〜6月)…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun