中国広東省中南部でM4.3規模の地震発生…香港・マカオでも揺れ観測

 マカオ政府地球物理気象局(SMG)の発表によれば、現地時間11月4日午後7時24分11秒に中国広東省の中南部に位置する恩平市(北緯22.08度、東経112.25)を震源とするマグニチュード(M)4.3の地震が発生したとのこと。

 震源はマカオから西に約156キロの位置で、マカオに滞在する記者も短いながら明らかに地震とわかる揺れを感じた。マカオよりもやや震源から遠い香港や深圳でも揺れを感じたとの報告がSNSを通じて記者にも寄せられた。香港気象台もSNSを通じて香港で揺れを観測したと速報した。

 マカオでの揺れば微弱で、気づかなかった人も多く、これまでのところ被害に関する情報は入っていない。

マカオ政府地球物理気象局(SMG)による震源地とマカオの位置関係資料(図版:SMG)

 マカオで有感地震を観測するのは2022年3月14日に広東省東部沿岸にある珠海市の沖(北緯22.51度、東経115.04)を震源とするM4.1の地震以来、およそ1年半ぶり。この時の震源からの距離は東北東約156キロだった。また、広東省内を震源とするM3.0以上の地震が発生するのは今年2月5日以来のこと。

 SMGが公式サイト上に掲出している地震関連情報によれば、マカオは地震頻発地域ではないが、近隣の珠海市磨刀門で1905年にM5クラス、広東省・南シナ海では過去にM6クラスの地震が発生したことがあるとのこと。20世紀以降に広東省で発生したM5以上の地震は1905、1911、1918、1952、1969、1987年の6回で、最大だったのは1918年2月13日に南澳で発生したM7.3クラスの地震。

マカオ政府地球物理気象局(資料)=タイパ島大潭山にて本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局は7月16日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…
  2.  マカオ司法警察局は7月15日、カジノ強盗を企図した上、混乱の中でカジノ施設の警備員を負傷させたと…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)は7月16日、マカオの今年上半期(2024年1〜6月)のツーリズム市…
  4.  マカオ司法警察局は7月15日、マカオで徒党を組んでスリを行ったとしてインドネシア人のインバウンド…
  5.  マカオ治安警察局は7月15日、マカオでスリによって入手したチケットを転売したとして中国人(中国本…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun