偽チップ集団メンバー2人逮捕—被害総額19万香港ドル超

マカオのカジノ産業が右肩上がりの発展を遂げ、つい先日にも第1四半期のカジノ売上が1000億パタカを超えたと発表された。そんな中、マカオで違法に荒稼ぎしようとする者もいる。中国本土と香港のメンバーからなる偽ゲーミングチップ集団11名が先週末の清明節連休中にマカオを訪れ、200枚の精巧な偽チップをマカオで使用していたという。

4月8日付地元有力紙「澳門日報」が伝えた。同集団のメンバーのうち2名がコタイ地区のカジノで19万ドルの現金化に成功し、その2〜3時間後に再度2万ドルの偽チップを交換を試みた際にカジノスタッフが偽造を見破った。カジノから通報を受けたマカオ政府司法警察局が2名を逮捕し、36個の同一カジノの額面1万香港ドルゲーミングチップ36枚を応酬した。同局では逃亡しているその他メンバー及び背後にいる黒幕の行方を追うとともに、その他のカジノで偽チップが使用されていないかどうかの確認を急いでいる。

司法警察局の調べによると、逮捕された2名は香港で偽チップ集団から声をかけられてメンバーとなり、成功報酬は1人当たり3,000香港ドルだったという。逮捕時、2名は34枚の同一カジノの額面1万香港ドルの偽ゲーミングチップを所有していた。同局によると、カジノの被害総額は少なくとも19万香港ドルに上るという。

近年の偽チップ事案では、2012年1月に3ヶ月で2度の偽チップ行使をした疑いで7名にマレーシア人を逮捕、47枚の額面1万香港ドルの精巧な偽ゲーミングチップを押収。2013年には額面1万ドルの偽チップ146枚を行使した疑いで韓国人1名を逮捕、さらに同年11月にはVIPカジノで複数回に渡り偽チップを行使し、カジノに280万香港ドル以上の損失を与えたとして中国本土出身者4名を逮捕し、1,800枚超の額面1,000香港ドル偽チップを押収している。

事件の舞台となったコタイ地区のカジノ(資料)—本紙撮影

事件の舞台となったコタイ地区のカジノ(資料)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局は2月21日、コタイ地区にある統合型リゾート(IR)併設ホテルの客室で中国人(中…
  2.  澳門海關(マカオ税関)では、各イミグレーション施設でリスク管理システム及び最新設備を用いるなど、…
  3.  香港衛生署衛生防護センターは2月21日、1人の児童のB型インフルエンザ重症例について調査を行って…
  4.  最近、サンズマカオ、ヴェネチアンマカオ、ロンドナーマカオなど、マカオで複数の統合型リゾート(IR…
  5.  マカオ政府統計調査局は2月21日、昨年(2023年)12月の飲食業と小売業に関する景気調査結果を…

ピックアップ記事

  1.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2023年)1月1日から実施してい…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  3.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年2月号
(vol.128)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun