マカオ、禁煙外来受診3割増=たばこ値上げと免税持ち込み範囲縮小で

マカオでは、今年(7月14日)からたばこ消費税の増税に伴うたばこ製品の大幅値上げと海外からのたばこ製品の免税持ち込み範囲の縮小が同時実施されている。

例えば、マールボロやメビウスといった紙巻きたばこの定番銘柄では、1箱あたりの小売価格が30パタカ(日本円換算:約450円)から50パタカ(約750円)に。また、紙巻きたばこの免税持ち込み範囲についても、5箱(100本)から1箱未満の19本までとなっている。イミグレーション施設における携行品検査も強化され、高い罰金が科せられることから、内外価格差を利用することもできない状態だ。

マカオの政府系放送局TDMが10月10日夕方のラジオニュースで報じた内容によると、地元の禁煙及び健康増進普及団体、澳門戒煙保健会の歐家輝理事長は同局の取材に対し、今年1〜8月に禁煙外来を受診した人の数が前年同期比で約3割増となり、特に7月のたばこ製品の値上げ実施以降の増が顕著と語ったという。禁煙に取り組む人の中では35歳以上の男性が最も多く、たばこ製品の値上げや禁煙エリアでの喫煙に対する罰金が高額化していることがきっかけだったとのこと。

昨今の健康意識の高まりを受け、マカオでも室内公共エリアの禁煙化が進んでいる。マカオにおよそ30あるカジノ施設についても、ハイローラーと呼ばれる大口ギャンブラーを対象としたVIPルームは分煙だが、平場にあたるマスゲーミングフロアは喫煙ルームが設置した上で禁煙となっている。マカオ政府はVIPルームの禁煙化及びマスゲーミングフロアの喫煙ルームの廃止を含むカジノフロアの全面禁煙化を目標に掲げている。

マカオのカジノ施設のマスゲーミングフロア(平場)に設置されている喫煙ルーム(資料)=2015年5月—本紙撮影

マカオのカジノ施設のマスゲーミングフロア(平場)に設置されている喫煙ルーム(資料)=2015年5月—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は5月29日、特殊詐欺(電話詐欺)の実行役としてマカオを訪れ、マカオの高齢者4人…
  2.  マカオで複数の統合型リゾート(IR)を運営するSJMリゾーツ社は5月29日、傘下のIR施設に入る…
  3.  マカオは長く本格的な鉄道が存在しなかったが、2019年12月に新交通システム「マカオLRT」タイ…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)は5月28日、このほど中国旅遊研究院がWeChatの公式アカウントへ…
  5.  マカオ保安司司長弁公室は5月28日に会見を開き、今年第1四半期(2024年1〜3月)の犯罪統計及…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun