マカオの路線バスで火災事故、圧縮天然ガス車=回送中で負傷者なし、中国メーカー製

きょう(10月12日)午前11時頃、マカオ中心部にあるフェレイラ・アマラル・バスターミナル付近の路上でCNG(圧縮天然ガス)バスの火災事故が発生した模様。

マカオの政府系放送局TDMがラジオニュースで報じた内容によると、火災事故を起こしたバスは幸いにも回送中で乗客はおらず、運転手を含めて負傷者はいなかったという。消防隊の消火作業により間もなく火は消し止められたが、エンジンルームや燃料タンクに近い車輌後方周辺が激しく燃え、車内のプラスティック製の椅子が溶けたりガラスが割れるなどの被害が確認できたとのこと。

運転手は消防に対して運転中に焦げ臭さを感じ、バスを停めて確認したところエンジンから出火していることに気づいたと話しているという。

なお、バス会社は事故原因について、CNGに関するものではなくパーツまたは電気系統のトラブルとの見方を示しており、今後事故車輌の検査を経て詳しく調査するとしている。

事故を起こした車輌は中国・広東省に本拠地を置くバス専門メーカー五洲龍モータース社製で、マカオのバス会社TCM社が環境に優しい車輌として2012年から導入を進め、路線バスや貸切バスとして運用されている。

事故車輌=10月12日(写真:DSAT=マカオ政府交通事務局)

事故車輌=10月12日(写真:DSAT=マカオ政府交通事務局)


火災事故を起こした車輌と同型の圧縮天然ガス(CNG)バス(資料)=2012年10月(写真:DSAT=マカオ政府交通事務局)

火災事故を起こした車輌と同型の圧縮天然ガス(CNG)バス(資料)=2012年10月(写真:DSAT=マカオ政府交通事務局)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府とカジノ経営コンセッションを締結する6陣営の一角にあたるSJMホールディングス社(香港…
  2.  マカオ治安警察局は5月20日、マカオのホテル客室宿泊券を転売して客から金銭を騙し取ったとして40…
  3.  近年、マカオ政府文化局(ICM)では、先人の知識と知恵を広く伝え、文化交流の促進につなげたるため…
  4.  マカオ政府統計・センサス局は5月21日、今年第1四半期(2024年1〜3月)の金融業人材需給及び…
  5.  マカオ政府民航局(AACM)は5月21日、前夜マカオ外港フェリーターミナル併設のヘリポートで危機…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun