マカオの新IRリスボアパレス、VIPルーム設置計画なし=カジノのマスシフト進む

2002年のカジノ経営ライセンスの対外開放以降、長年にわたって右肩上がりの成長を遂げてきたマカオのカジノ売上だが、昨年大きな転機が訪れた。月次カジノ売上が昨年6月から今年10月まで17ヶ月連続で前年割れを記録するなど、出口の見えない長いトンネルの中を進んでいる状態だ。

マカオのカジノ売上減の背景として、昨今の中国経済のスローダウン、反汚職キャンペーン、人民元の切り下げ(マカオ及び香港の通貨、パタカと香港ドルの為替はいずれも米ドルと連動)などを理由に、中国本土富裕層を中心としたハイローラーと呼ばれるVIPカジノ客のマカオ渡航意欲が減退していることが指摘されている。一方、訪マカオ旅客数そのものは前年と大きく変わっておらず、平場にあたるマスゲーミング部門の売上は比較的安定的に推移している。こういった状況の中、カジノ6陣営の中では、VIPルームのゲーミングテーブルをマスゲーミングフロア(平場)に移すなど、マスシフトの動きが見受けられる。

マカオでカジノ経営ライセンスを保有する6陣営の一角、SJMホールディングスのアンジェラ・リョン業務執行取締役は11月8日に地元メディアの取材に応じた際、同社がマカオ・コタイ地区で2017年オープンに向け開発を進める新IR(統合型リゾート)「リスボアパレス」について、現時点でVIPルームの設置計画がないことを明らかにした。リョン氏によると、リスボアパレスの敷地面積は約7万平米とコタイ地区における6陣営のIRの中では最も小さいとした上、カジノフロアは全体の1割に過ぎず、9割がノンゲーミング(非カジノ)用途になるとのこと。

SJMホールディングスは、かつてマカオのカジノ経営権を独占していたSTDMが前身で、マカオ半島に旗艦施設「グランドリスボア」と「リスボア」を構えるほか、直営及びフランチャイズ形式で中小カジノ施設を複数展開している。現在、同社はマカオのカジノ6陣営の中で唯一本格的なIRを持たず、カジノ売上への依存度が極めて高いとされる。同社は2014年までマカオの企業別カジノ売上シェアでトップの座を守り続けているが、昨今のマカオ全体のカジノ売上の低迷を受け、月次のシェア争いで大型IRを展開するサンズチャイナやギャラクシーエンターテイメントに抜かれることもしばしば見受けられるようになった。

なお、VIPルームなしで新IRをオープンする例はリスボアパレスが初めてではない。今年10月27日にマカオ・コタイ地区に開幕したメルコ・クラウン・エンターテインメントの大型IR「スタジオ・シティ」は、事前に政府から割り当てを受けた250台の新規ゲーミングテーブルをすべてマスに配置し、マカオのIRとして初めてVIPルームを設置しない施設となり大きな注目を浴びた。

大型IR「リスボアパレス」完成予想模型(写真:SJM Holdings)

大型IR「リスボアパレス」完成予想模型(写真:SJM Holdings)


大型IR「リスボアパレス」建設現場=マカオ・コタイ地区、2015年8月—本紙撮影

大型IR「リスボアパレス」建設現場=マカオ・コタイ地区、2015年8月—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計・センサス局は6月19日、今年(2024年)4月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  2.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオの運営会社は6月18日、来月(7…
  3.  マカオ司法警察局は6月18日、マカオで被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、30代の香…
  4.  マカオ治安警察局は6月18日、いわゆる車上荒らしをしたとして40代の中国人(中国本土居民)の男を…
  5.  マカオ半島中区に位置する統合型リゾート(IR)グランドリスボアマカオを運営するSJMリゾーツ社は…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun