中国復帰13周年、祝賀ムード一色

20日、マカオ特別行政区が成立13周年を迎え、市内各所で官民による華やかな祝賀イベントが多数開催された。

1999年12月20日にポルトガルから中国へ施政権返還が行われ、一国二制度の下、マカオ特別行政区が成立。今年で13周年を迎える。マカオでは「返還記念日」ではなく、「マカオ特別行政区成立記念日」や「祖国復帰記念日」という呼び方が一般的。

金蓮花広場で行われた政府要人による記念撮影 (c) GCE 行政長官辦公室

金蓮花広場で行われた政府要人による記念撮影 (c) GCE 行政長官辦公室

20日午前8時半、新口岸にある金蓮花広場で国旗・区旗掲揚セレモニーが厳かに行われ、マカオ特別行政区崔世安行政長官、中聯辦李剛副主任、中国外交部駐マカオ特派員公署胡正躍特派員、中国人民解放軍駐マカオ部隊祝慶生司令員、マカオ立法會劉焯華主席、マカオ終審法院岑浩輝院長らが出席。多くの市民、観光客が見守った。

国旗・区旗掲揚式 (c) GCS 新聞局

国旗・区旗掲揚式 (c) GCS 新聞局

続いて9時半からマカオタワーで開催されたレセプションには政財界合わせ約1千人が出席。挨拶に立った崔世安行政長官は公営住宅の充実、社会保障制度、医療システム、教育制度の改善など、低所得者及び中産階級向け重点政策を継続して推進することを強調。持続的かつ安定した社会の発展を目指す姿勢をあらためて示した。

祝賀レセプション (c) GCE 行政長官辦公室

祝賀レセプション (c) GCE 行政長官辦公室

14時からは体育発展局主催による陳奕迅のコンサートが開催されたほか、16時から18時にかけて、文化局の主催による「パレード・スルー・マカオ,ラテンシティ」が行われ、聖ポール天主堂前から塔石広場にかけ、様々な衣装に身を包んだパフォーマーたちが街を練り歩き、沿道に集まった市民、観光客を大いに楽しませた。さらに夜は旅遊局による15分間の花火大会も開催されるなど、この日は終日がお祭りムードとなった。

「パレード・スルー・マカオ,ラテンシティ」 (c) GCS 新聞局

「パレード・スルー・マカオ,ラテンシティ」 (c) GCS 新聞局

マカオ特別行政区が成立して13年、マカオ経済は目覚ましい発展を遂げている。経済発展の一方で、物価上昇、特に住宅価格の高騰による低所得者、中産階級からの不満はある。20日、街が祝賀ムード一色となる中、市民約1千人が政府への不満を掲げてデモ行進を行った。デモは平和的に行われ、混乱はなかったという。政府は潤沢なカジノ税を活用し、市民の不満を解消すべく公営住宅の相次ぐ建設や社会保障の充実を進めている。概ね市民の間ではこの13年間の経済発展による恩恵について前向きに捉えられているようだ。

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)3月の住宅売買・…
  2.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカップマカオ…
  3.  マカオでは、政府とカジノIR(統合型リゾート)運営6社がコラボレーションし、域内の旧市街地エリア…
  4.  マカオ政府交通事務局は4月15日、電子決済の普及と使用が進む状況を鑑み、マカオ金融管理局及び公共…
  5.  マカオの統合型リゾート(IR)運営SJMリゾーツ社は4月16日、国際的に権威ある格付け機構として…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun