香港訪問日本人旅客3割減―11月

香港特別行政区政府観光局は24日、2012年11月の入境旅客数統計を発表。日本から香港への旅客数はのべ84,165人で、前年同月比29.7%の大幅減。今年1~11月の合計はのべ1,159,496人となり、前年を0.5%上回る結果に。

日本から香港への旅客数は東日本大震災後の自粛ムードで一時的に落ち込んだものの、以後継続して復調の兆しを見せていた。しかし、今夏以降の香港の活動家による尖閣諸島(中国側呼称:釣魚台)への上陸や、その後の日本政府による尖閣諸島国有化を受け、中国本土で大規模な反日デモが発生。それらが日本で大きく報道されたことによる心理的影響から、9月後半以降に急激な落ち込みが続いている。

日本では香港を経由してマカオを訪れる旅客も多いことから、マカオへの旅客減にもつながるとみられる。旅行業関係者によると、日本から香港への旅客の回復は来年(2013年)の春休み以降になるのではとの見方だ。

香港はこれまでも度々反日デモなどの行為が発生することで知られるが、実際には中国本土との様々な摩擦に対するデモの頻度が多く、規模も大きいとされる。香港では華やかな繁栄の裏で格差が広がっている現状もあり、市民の不満がくすぶっている。香港はもともと親日的な土地柄で、日本製の商品、食品を愛用する市民も多い。この冬季についても、多くのテレビ番組や雑誌で日本への旅行特集が組まれるなど、香港における日本プロモーションは早くも従来通りに戻っているようだ。

なお、11月に香港を訪れた旅客数について、全体では18.7%増となる4,216,937人。中でも中国本土からの旅客が3,040360人で29.7%増となり、全体に占める割合は72.1%にも達している。全体に占める日本人旅客の割合は11月単月で2.0%、1~11月合計で2.6%。

九龍・尖沙咀から香港島を望む(写真はイメージ)―本紙撮影

九龍・尖沙咀から香港島を望む(写真はイメージ)―本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は7月22日、いわゆる祈祷詐欺でマカオの高齢者女性から金品を詐取したとして中国人…
  2.  マカオ歴史市街地区の中心に位置する新馬路に面して建ち、1世紀の歴史を持つアイコン的存在の「新中央…
  3.  マカオでは世界的な健康意識の高まりを受け、マカオでは屋内公共エリア及び公園などの大半を禁煙とする…
  4.  マカオ治安警察局は7月22日、マカオ半島の北部の慕拉士大馬路にある工業ビル内の一室で違法麻雀賭博…
  5.  マカオ政府市政署(IAM)は7月22日、マカオの「古樹名木保護リスト」の更新を発表。新たに12株…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年8月号
(vol.134)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun