日本の魅力を香港でPR…現地日本総領事館が2ヶ月間の「秋祭」を開催=参加企業とロゴ募集

昨年(2015年)、香港からの訪日者数は対前年164.6%の大幅増となる152万4292人(※1月19日公表のJNTOによる暫定値)を記録した。香港の人口は約730万人で、単純計算で5人に1人が日本を訪れたことになる。

また、同年の日本から香港への農林水産物・食品輸出についても33.5%増の1794億円(※2月2日公表の農水省による速報値)に達し、実に11年連続で世界最大の輸出先となった。

在香港日本国総領事館では、日本の文化やモノ・サービスを積極的に受け入れてくれる香港に対する感謝の意を表明し、日本の魅力をもっと知り、楽しむ契機を提供するため、日本の文化団体、企業、政府(地方自治体を含む)に加え、香港及び第三国・地域の組織等が参加して日本関連イベントを集中的に展開する「日本秋祭 in 香港 ー魅力再発見ー」を今年(2016年)10月から11月にかけて開催予定とのこと。

同館では、イベントに参加する企業・団体、パンフレットやポスターに使用するイベント共通ロゴマークの募集を行っている。イベントについては非営利のものだけでなく、入場券を販売する有償のもの、即売回答の収益性のあるものについても歓迎とのこと。ロゴマークは「日本と香港の友好関係をイメージした親しみやすいデザイン」がテーマ。イベント参加企業・団体の1次募集締切は5月31日、最終募集締切は9月2日、ロゴマークの募集は5月31日までとなる。

「日本秋祭 in 香港 ー魅力再発見ー」イベント参加企業・団体及びロゴマークの募集要項、応募フォームは在香港日本国総領事館のホームページに掲載されている。

なお、在香港日本国総領事館の管轄エリアとなるマカオについては、香港の秋祭とは別のかたちで将来的に何らかの催しを計画したい考えという。

在香港日本国総領事館(資料)—本紙撮影

在香港日本国総領事館(資料)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府とカジノ経営コンセッションを締結する6陣営の一角にあたるSJMホールディングス社(香港…
  2.  マカオ治安警察局は5月20日、マカオのホテル客室宿泊券を転売して客から金銭を騙し取ったとして40…
  3.  近年、マカオ政府文化局(ICM)では、先人の知識と知恵を広く伝え、文化交流の促進につなげたるため…
  4.  マカオ政府統計・センサス局は5月21日、今年第1四半期(2024年1〜3月)の金融業人材需給及び…
  5.  マカオ政府民航局(AACM)は5月21日、前夜マカオ外港フェリーターミナル併設のヘリポートで危機…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun