香港で一部銘柄のたばこが突然値上げ…マールボロは10年間で2倍以上に

近年、香港では度重なるたばこ税率の引き上げやメーカーによる希望小売価格の調整を受け、たばこ製品の小売価格の上昇が進んでいる。5月3日から一部銘柄のたばこ製品について、事前予告なく突然2〜3香港ドル(日本円換算:28〜41円)の値上げが実施されたとして話題となっている。

香港の日刊紙アップルデイリーが5月3日付電子版で報じた記事によれば、マールボロやバージアスリムといったフィリップモリス系のブランドに限ったもので、同社広報が同日付で希望小売価格を調整したことを認めたとのこと。(前回価格調整をした)2014年以降のインフレを加味したというのが理由という。なお、あくまでもメーカー側からの希望小売価格の調整であり、実際の小売価格は小売店自身が決定するものと説明している。

香港が英国から中国に返還された1997年以降、香港政府は1998年、2001年、2009年、2011年、2014年にたばこ増税を実施した。

ちなみに、マールボロ1箱の小売価格は10年前の2006年に27香港ドル(約373円)だったが、今回の値上げを受け57香港ドル(約787円)となっており、その差は実に2倍以上だ。たばこ税は1箱あたり38香港ドル(約524円)で、小売価格のおよそ66.7%を占める。

香港政府は内外価格差を利用できないよう、海外(中国本土、マカオ、台湾を含む)からのたばこの免税持ち込み範囲についても制限を強めてており、現在は紙巻きたばこの場合で1箱未満の「19本」と規定されている。違反者には高額な罰金が科せられることから、愛煙家が日本から香港へ渡航する際にも十分な注意が必要となる。

【参考】香港における10年間のマールボロ1箱の小売価格の変遷
・2006年:27香港ドル>29香港ドル(+7.4%)
・2009年:29香港ドル>39香港ドル(+34.5%)
・2011年:39香港ドル>50香港ドル(+28.2%)
・2014年:50香港ドル>55香港ドル(+10.0%)
・2016年5月3日:55香港ドル>57香港ドル(+3.6%)

香港の町並み(資料)—本紙撮影

香港の町並み(資料)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計・センサス局は6月19日、今年(2024年)4月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  2.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオの運営会社は6月18日、来月(7…
  3.  マカオ司法警察局は6月18日、マカオで被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、30代の香…
  4.  マカオ治安警察局は6月18日、いわゆる車上荒らしをしたとして40代の中国人(中国本土居民)の男を…
  5.  マカオ半島中区に位置する統合型リゾート(IR)グランドリスボアマカオを運営するSJMリゾーツ社は…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun