マカオの大型国際カジノ見本市「MGSエンターテイメントショー2017」閉幕…日本版IRや日本製カジノマシンに高い関心

マカオ・コタイ地区の大型IR(統合型リゾート)ヴェネチアンマカオ併設のコタイエキスポホールで開催された大型国際ゲーミング(カジノ)見本市「MGSエンターテイメントショー(澳門娯樂展)2017」が11月16日に閉幕した。

MGSエンターテイメントショーは地元マカオのゲーミング(カジノ)機器製造業者の組合にあたる澳門娯楽設備廠商会の主催で2013年にスタート。今年で5回目の開催で、会期は11月14日から16日までの3日間。運営事務局が16日午後8時すぎに発表したプレスリリースによれば、出展社数は162、来場者数は1万5234人で、いずれも過去最大となった。

今回のMGSエンターテイメントショーには、スロットマシンメーカー及び関連機器やシステム、ゲーミングチップやプレイングカード(トランプ)などのカジノ用品、VIPルームなどを運営するカジノ仲介業者といったゲーミング(カジノ)関連業界のほか、アリババクラウドやSINA(新浪)といったIT、ショービジネス、飲食、サービス、家具、メディア、カジノ関連学科やディーラー養成コースを持つ教育機関まで、世界各地から幅広い企業が出展した。

「MGSエンターテイメントショー2017」エントランスゲート=2017年11月14日、ヴェネチアンマカオ・コタイエキスポホール-本紙撮影

「MGSエンターテイメントショー2017」エントランスゲート=2017年11月14日、ヴェネチアンマカオ・コタイエキスポホール-本紙撮影

マカオは多くのカジノIR(統合型リゾート)施設が建ち並ぶ世界一のカジノ売上を誇る都市であるだけでなく、MGSエンターテイメントショーのような大型国際見本市が開催されることで、アジアにおけるゲーミング(カジノ)業界の最新トレンドやキーパーソンが一堂に会する情報及び人材ハブ機能も果たしている。

昨今、アジアはもとより、世界のカジノ業界関係者の中で最も関心の高いトピックとなっているのが「日本版IR」、言い換えると「日本のカジノ解禁」だ。今回の見本市会場でも、日本のジャスダック上場企業であるピクセルカンパニーズ社が主催者からMGS日本総代理事務局として認証を受けた上、日本版IRをテーマにした大型ブースを出展。IR誘致を目指す地方自治体からの誘致推進活動紹介及び観光PR等の資料提供による展示、日本国内でIR関連事業へ参入している企業の事業紹介のほか、マカオのカジノ業界のキーパーソンや日本の有識者を招聘したトークセッションをブース内ステージで開催するなど、積極的に最新動向の発信した。

MGS運営事務局でも、会期3日目の午前中、見本市会場併設の講演会場で日本版IRをテーマにした講演会及びパネルディスカッションを開催し、日本版IRの専門家として日本の広告代理店、メディア、コンサルティング、大学関係者らが相次いで登壇。会場には日本進出に関心を示すカジノ運営会社や新たなビジネスチャンスを狙うサプライヤー、メディアなどが駆けつけ、立ち見が出るほどの人気となった。

MGSエンターテイメントショーに絡む現地メディアの報道を見ると、一般紙、業界専門誌ともに、日本版IRに焦点を当てた記事を多く掲載しており、注目度の高さを伺わせた。

主に経済効果という観点で日本版IRに関する講演を行なった博報堂の栗田朗氏=2017年11月16日、ヴェネチアンマカオ・コタイエキスポホール-本紙撮影

主に経済効果という観点で日本版IRに関する講演を行なった博報堂の栗田朗氏=2017年11月16日、ヴェネチアンマカオ・コタイエキスポホール-本紙撮影

このほか、MGS運営事務局が会場内の「スロットエクスペリエンスコーナー」に世界各国のカジノ向けスロットマシンメーカーから候補商品を募り、実際に来場者に体験させた上での評価投票を実施した。投票結果は会期2日目の15日夜に発表され、ピクセルカンパニーズのグループ会社にあたるLT Game Japan社が開発、製造した「RGX1000シリーズ」の「GOD OF THE SEA(ゲームタイトル)」が全4部門のうち、最優秀テーマ賞及び最優秀ユーザー体験賞をダブル受賞した。

「RGX1000シリーズ」は、昨年デビューした同社のカジノ関連事業参入の第1弾商品で、カジノ向けスロットとしては世界初となる本格可動ギミックを備えた次世代型スロットマシンとなり、筐体に上下2段のマルチ画面を搭載し、大画面による派手なグラフィック演出など、これまでにないゲーム性でプレイヤーが楽しめるものとのこと。

同社では、今回のMGSに「RGX1000シリーズ」(12タイトル)のほか、新作商品として43インチ縦置きモニターを搭載した「RGX2000シリーズ」(2タイトル)及びパーソナルシックボーマシン「MD01 SIC-BO」を初出展していた。

LT Game Japan社が開発、製造したカジノ向けスロットマシン「RGX1000シリーズ」=2017年11月14日、ヴェネチアンマカオ・コタイエキスポホール-本紙撮影

LT Game Japan社が開発、製造したカジノ向けスロットマシン「RGX1000シリーズ」=2017年11月14日、ヴェネチアンマカオ・コタイエキスポホール-本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は6月13日、マカオで4人の被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、香港…
  2.  マカオ治安警察局は6月13日、公共エリアにおける賭博行為でローカルの男女5人(57〜70歳)を検…
  3.  マカオ政府海事・水務局(DSAMA)は6月13日、同局が管轄するギア灯台(東望洋燈塔)について、…
  4.  英「タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)」は6月12日、2024年度のTHE世界大学影…
  5.  マカオ司法警察局は6月12日、同日カジノ施設などが集積する繁華街のひとつ、マカオ半島新口岸地区に…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun