マカオの偽造カジノチップ押収量倍増、額面金額ベースで48%増…17年

マカオ保安庁長官事務所の公表データによれば、昨年(2017年)通期の偽造通貨及びゲーミング(カジノ)チップ行使罪は前年から21件増の299件に上った。

偽造通貨及びチップは金融市場とカジノにおける秩序を大きく乱すものであり、公共の信頼を損ない、人々の生活に影響を与えるだけでなく、カジノ売上に影響を及ぼし、マカオ特別行政区の税収減につながることから、警察が状況を注視し、これに関連する違法行為に対して厳重に取り締まりを行っている。

昨年通期の偽造紙幣、硬貨、貨幣及びチップの合計押収量は約4倍の2869枚、額面金額にして約75%増の1263万7697.3パタカ(日本円換算:約1億6670万円)だった。

このうち、カジノチップが前年から倍増となる245枚で、量としては全体の約1割にすぎないが、額面金額ベースでは48%増の986万パタカ(約1億2956万円)と約8割を占めた。紙幣と比較して額面金額の大きいものが存在するためだ。

マカオのカジノ施設でテーブルゲームに参加する際、現金ではなくチップを使用する。チップは少し分厚いコインのような形をしており、額面によって色やデザインが異なるが、いずれも小さく軽い。1枚50万香港ドル(約657万円)といったの高額チップも存在する。ちなみに、昨年押収された偽造チップの額面の内訳は、50万香港ドルが16枚、10万香港ドルが2枚、1万香港ドルが149枚、5000香港ドルが23枚、1000香港ドルが55枚だった

チップはカジノフロアにあるキャッシャーと呼ばれるカウンターで額面の現金と交換することができる。つまり、現金そのもの。マカオのカジノでは、しばしばチップを狙った犯罪が発生している。

マカオ司法警察局が押収した偽造カジノチップ(資料)=2017年7月(写真:マカオ司法警察局)

マカオ司法警察局が押収した偽造カジノチップ(資料)=2017年7月(写真:マカオ司法警察局)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ金融管理局は7月15日、今年(2024年)6月末のマカオ特別行政区の外貨準備高(外匯儲備資…
  2.  マカオ半島新口岸地区にあるニューオリエントランドマークホテル(新東方置地酒店)のボールルームで7…
  3.  マカオを中心にアジア、欧州で統合型リゾート(IR)施設の開発・所有・運営を行うメルコリゾーツ&エ…
  4.  香港では、きょう(7月14日)午前0時からタクシー運賃が値上げとなった。値上げは2022年7月以…
  5.  マカオ市政署(IAM)は7月10日、コロアン島にある石排灣郊野公園で飼育・展示してきたキタホオジ…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun