マカオ、カジノ送迎シャトルバス乗り場でスリの男を現行犯逮捕

 マカオの面積は東京の山手線の内側の半分に相当する32平方キロという小さな地域だが、およそ40軒ものカジノ施設が建ち並ぶ。

 多くのカジノ施設が集客のため「發財車(ファッチョイチェ」と呼ばれる無料シャトルバスを運行しており、マカオの陸・海・空の玄関口となる出入境施設、市街地中心部、系列カジノ施設間など、その路線網も多岐にわたる。

 マカオ治安警察局は12月2日、マカオ半島北部にある中国本土との間の主要な陸路の玄関口にあたる關閘(ボーダーゲート)にあるシャトルバス乗り場で、付近を巡回中だった警察官がスリの男を現行犯したと発表。

 警察発表によれば、警察官がシャトルバスに乗るため並んでいた1人の女性客に不審な男が近づき、すぐにその場を離れたのを目撃し、スリを行なった疑いがあるとみて男を制止して職務質問を実施した際、財布を投げ捨てたとのこと。この財布がスリで得たものであることが強く疑われたことから、男を現行犯逮捕。身柄を警察署へ移送して詳しい調査を行なったところ、男は犯行を認めたという。逮捕時、男は複数通貨の現金、合計およそ440マカオパタカ(日本円換算:約6000円)を所持しており、投げ捨てられた財布の中には銀行のキャッシュカードなどが入っていたが、同日夜に遺失物の届出があり、持ち主によって本人のものであることが確認されたとした。警察では、このマカオ人の50代の男を窃盗罪で送検する方針。

 マカオでは、混雑した公共路線バスの車内やバス停、観光名所周辺、さらにはマカオへ向かう航空機内等でスリ事件が頻発しており、警察が被害防止のため身の回りの品に対して細心の注意を払うよう呼びかけている。

警察署に移送されるスリの現行犯で逮捕された男(写真:マカオ治安警察局)

警察署に移送されるスリの現行犯で逮捕された男(写真:マカオ治安警察局)


警察が公開したスリ事件の証拠品(写真:マカオ治安警察局)

警察が公開したスリ事件の証拠品(写真:マカオ治安警察局)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計・センサス局は5月27日、今年第1四半期(2024年1〜3月)にマカオで開催された…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)は5月24日、今年(2024年)1〜4月のツーリズム市場に関するレビ…
  3.  マカオ政府環境保護局(DSPA)は5月24日、同局が主催する2023年度「マカオグリーンホテルア…
  4.  マカオの統合型リゾート(IR)ウィンパレス運営会社は5月24日、6月7・8・14・15日に同IR…
  5.  マカオ政府公共建設局(DSOP)は5月24日、マカオLRT(新交通システム)の建設中新線「石排灣…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun