マカオと香港の屯門を結ぶ高速船が廃止へ…コロナ禍で約1年4ヶ月にわたり運休中、再開叶わず

 新型コロナウイルス感染症の流行に伴う水際措置の強化によって、マカオと香港の間を結ぶ高速船は昨年(2020年)1月30日から全路線で運休を余儀なくされている。

 このうち、ターボジェット(噴射飛航)が運航するマカオ(外港及びタイパフェリーターミナル)と香港の屯門フェリーターミナルを結ぶ路線について、運航再開を待たずに廃止となる公算。

 屯門フェリーターミナルはターボジェットと同じ信徳(シュンタック)グループ企業が香港政府から管理運営権を得ているが、香港政府海事處は6月1日、管理運営権契約の終了の申し出があり、協議を経て6月8日に契約が終了することになったと発表した。

 ターボジェットのマカオと屯門を結ぶ路線は2016年1月28日に就航し、両地の間を約40分で結んでいた。

 香港とマカオの間の移動は長く高速船が圧倒的なシェアを誇ったが、2018年10月に港珠澳大橋が開通して以降、より運賃が安いバスが登場したこともあって陸路シフトが進んでいた。港珠澳大橋の香港側イミグレーション付近と屯門地区を結ぶ海底トンネルが2020年に開通しており、マカオと屯門の間の移動についてもバスの乗り継ぎで代替が可能となる。

屯門フェリーターミナルの搭乗待合室(資料)=2016年12月本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  澳門海關(マカオ税関)は6月20日、同月19日にマカオ半島北部・祐漢エリア所在の工業ビル内に開設…
  2.  マカオ司法警察局は6月20日、マカオで高齢者の被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案3件に関与…
  3.  マカオ政府統計・センサス局が6月21日に公表した資料によれば、今年(2024年)5月の総合消費者…
  4.  マカオではアフターコロナで社会・経済の正常化が進んだ昨年(2023年)から歩行者による禁止場所で…
  5.  マカオ政府統計・センサス局(DSEC)は6月21日、今年(2024年)5月及び1~5月累計の訪マ…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun