マカオ・外港と珠海・九洲港を結ぶ高速船が新規就航へ…所要時間は約25分

 マカオ政府海事水務局(DSAMA)は7月15日、マカオのマカオ半島新口岸地区にある外港フェリーターミナルと広東省珠海市の九洲港を結ぶ高速船が同月16日に新規就航すると発表。

 資料によれば、就航当初の運航ダイヤは1日1往復で、所要時間は約25分、運賃は九洲港発(片道)でエコノミークラスが48人民元(日本円換算:約815円)、ファーストクラスが98人民元(約1665円)。

 マカオと九洲港を結ぶ高速船は、今年3月にタイパ島北安地区にあるタイパフェリーターミナルとの間を結ぶ路線が就航しており、2路線目となる。7月16日の外港路線就航後、それぞれ1往復ずつの運航される。

 マカオと珠海市は陸続きとなっており、ほかにも複数の陸路、海路のアクセスが存在する。

 マカオでは比較的早い段階で新型コロナの封じ込めに成功。すでに中国本土との往来制限の緩和が進み、一部の中リスク地域を除き、7日以内の新型コロナPCR検査陰性証明の提示などの条件を満たせば隔離検疫なしで往来が可能となっている。なお、中国本土からのインバウンド旅客が戻りつつある中でもマカオでは長期にわたって市中感染ゼロを維持できている。

 今回就航するフェリーの利用にあたっても、通行可を示す「緑色」健康コードとPCR検査陰性証明の提示、マスク着用などの所定の条件をクリアする必要があり、従わない場合には船会社が客の乗船を拒否できることになっている。

マカオ・外港フェリーターミナルと珠海・九洲港を結ぶ航路に就航するフェリー(写真:DSAMA)

関連記事

最近の記事

  1.  マカオ国際空港運営会社のCAMは5月31日、CAMマーケティング部やマカオ航空関係者らで構成され…
  2.  マカオ政府が2024年会計年度(2024年1〜12月)も緊縮財政を継続する方針であることがわかっ…
  3.  マカオ政府統計調査局は5月30日、今年第1四半期(2023年1〜3月期)のホテル業界の人材ニーズ…
  4.  マカオ政府統計調査局は5月30日、今年(2023年)4月の商品貿易統計を公表。  今年4月…
  5.  このほど、ユネスコ「世界の記憶(記憶遺産)」リストに「マカオ功徳林アーカイブと手稿(1645-1…

ピックアップ記事

  1.  マカオで年に一度開催されるモータースポーツの祭典「マカオグランプリ」。1954年にスタートした歴…
  2.  マカオ・コタイ地区にあるIR(統合型リゾート)グランドリスボアパレスの運営会社SJMリゾーツは5…
  3.  仏ミシュラン社は4月26日、香港・マカオでも高い知名度と信頼性を誇る人気グルメガイド「ミシュラン…
  4.  「ハリー・ポッター:ザ・エキシビション(Harry Potter: The Exhibition…
  5.  このほど、ユネスコ「世界の記憶(記憶遺産)」リストに「マカオ功徳林アーカイブと手稿(1645-1…

イベントカレンダー

6月 2023
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
« 5月   7月 »

月刊マカオ新聞

2023年6月号
(vol.120)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る