香港、新型コロナ新規感染確認109人…大型マンション群のオミクロン株クラスターは累計210人規模に=1/24

 人口約740万人の香港では、2020年11月下旬から新型コロナウイルス感染症の流行「第4波」が続いていたが、2021年5月にかけて状況が落ち着き、同月末までに終息した。

 6月以降も外遊歴のない人(多くが空港業務従事者)の散発的な感染確認があったものの、長く市中における連鎖的な伝播は出現していなかったが、大晦日に検疫規則違反のキャセイパシフィック航空の男性クルーをきっかけとした飲食店内での伝播が出現したことが判明し、83日にわたって続いた市中感染確認例ゼロ記録がストップ。年初以来、別のキャセイ航空クルーを発端とした感染連鎖伝播チェーン(いずれもオミクロン変異株)、ペットショップの輸入ハムスターが発端のデルタ変異株の伝播、隔離検疫ホテルにおける交差感染を発端としたオミクロン変異株伝播などが出現する中、連日新規陽性者が相次いでおり、「第5波」が始まったものとみられる。

 香港衛生当局の発表によれば、1月24日午前0時時点集計の単日の新規陽性者は109人で、内訳は輸入関連性を含む市中が98人(感染経路不明5人)、輸入性(海外からの入境者)が11人。

 輸入関連性を含む市中の陽性者98人のうち69人が新界南西部の葵涌地区にあるマンション「葵涌邨」に絡むものとのこと。

 「葵涌邨」は複数の棟で構成される大型マンション群(全16棟)で、およそ3万人が暮らしているとされる。このうち、最初に感染確認例が出現した棟が「逸葵樓」。隔離検疫ホテルで所定の隔離検疫期間を満了したパキスタン籍の女性が市中に出た後にオミクロン変異株感染確認されたケース(検疫期間中に隣接する部屋の陽性者からの交差感染)と関連があり、この女性の夫が密接接触者に認定され隔離検疫される前の1月13日に逸葵樓のゴミ置き場を訪れたことをきっかけに、清掃員、警備員、さらには住民へと伝播したものとみられる。この日の新規陽性者の内訳は、逸葵樓27人、映葵樓33人、雅葵樓2人、他の7棟から各1人とのこと。

 さらに、初歩陽性者は100人超で、大半が「葵涌邨」関連。香港当局は1月21日から逸葵樓、22日から映葵樓をそれぞれ局地ロックダウンして5日間にわたる検査(出入不可)、その他の棟でも住民に対する強制ウイルス検査を実施おり、これらを通じて新たな陽性者が続々と見つかっている。葵涌邨内で見つかった感染確認及び初歩陽性者の累計は210人超(16棟中12棟に分布)に上り、大規模クラスター化が進む状況。

 また、葵涌邨のすぐ隣に位置する大型マンション群「大窩口邨」の一棟で垂直感染が出現した模様。九龍・黄大仙区では、汚水から採取したサンプルがデルタ変異株及びオミクロン変異株陽性となり、区内で見えない伝播チェーンが存在する可能性もあるとして、当局が従民に対して留意するとともに、検査を受けるよう呼びかけた。

 目下、香港では市中で出現した陽性者及び初歩陽性者の住居のあるマンション同棟住民や立ち寄り先に居合わせた人が次々と強制検疫(検疫センターでの隔離検疫)あるいは強制ウイルス検査の対象となっており、域内におけるソーシャルディスタンス措置、水際措置の引き締めも進む状況。近日では、水際措置の強化を受けて輸入性事案は大幅減となっているものの、輸入性を含む市中事案が連日出現し、感染経路不明のケースも後を絶たない中、見えない伝播チェーンが複数存在する可能性も排除できず、警戒が続いている。

 このほか、香港の1月23日午後8時時点のワクチン接種率は77.9%(1回目の接種完了)、70.5%(2回目の接種完了)となっている(※1月21日から新たに接種対象となった5〜11歳は含まず)。接種率は昨年後半にかけて伸び悩んでいたが、市中感染確認例が相次ぎ出現したなどを受けて、年初から上昇傾向が続く。

大型マンション群「大窩口邨」内にある富強樓の住民を対象とした検査の様子。約1150人が受検した=2022年1月23日(写真:news.gov.hk)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  澳門海關(マカオ税関)は6月20日、同月19日にマカオ半島北部・祐漢エリア所在の工業ビル内に開設…
  2.  マカオ司法警察局は6月20日、マカオで高齢者の被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案3件に関与…
  3.  マカオ政府統計・センサス局が6月21日に公表した資料によれば、今年(2024年)5月の総合消費者…
  4.  マカオではアフターコロナで社会・経済の正常化が進んだ昨年(2023年)から歩行者による禁止場所で…
  5.  マカオ政府統計・センサス局(DSEC)は6月21日、今年(2024年)5月及び1~5月累計の訪マ…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun