マカオで相次ぎ出土の古砲、特設サイトで先行公開…修復には数年

マカオでは、2020年から2021年にかけて、マカオ半島内港地区の道路工事現場とコタイ地区の統合型リゾート工事現場で計4門の古い大砲が出土した。

いずれも考古学的価値の高い遺物とみられ、マカオ政府文化局がマカオ博物館(ICM)に収蔵し、同局から委託を受けたマカオ科技大学社会文化研究所と人文芸術学部文化財修復ラボが研究と修復作業にあたっているとのこと。

このほどICMは、古砲は長い時間にわたって地中にあったため腐食が進んでおり、修復作業に数年かかる見込みとし、特設サイト「Online Exhibition of Old Cannons」(URL: www.macaumuseum.gov.mo/oldCannons/index.html)を立ち上げ、先行公開すると発表。

同サイトでは、古砲の3D写真、出土状況の紹介のほか、材質、形状、特徴、年代、修復作業の状況などの情報が掲載される。

ICMによれば、出土した4門の古砲は、近代マカオの砲台の配置を理解する助けとなるほか、現在のコタイ地区(タイパ島とコロアン島の間を埋立造成)にあたる海域が東西貿易の重要航路であり、また外国船の投錨・修理場所だったことを証明するものだったとし、マカオの軍事史、海上防衛史、貿易史の研究において重要な意義と史料価値を有するという。

マカオで2020年から2021年にかけて出土した4門の古砲を紹介する特設サイト「Online Exhibition of Old Cannons」のイメージ(図版:ICM)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ金融管理局は7月15日、今年(2024年)6月末のマカオ特別行政区の外貨準備高(外匯儲備資…
  2.  マカオ半島新口岸地区にあるニューオリエントランドマークホテル(新東方置地酒店)のボールルームで7…
  3.  マカオを中心にアジア、欧州で統合型リゾート(IR)施設の開発・所有・運営を行うメルコリゾーツ&エ…
  4.  香港では、きょう(7月14日)午前0時からタクシー運賃が値上げとなった。値上げは2022年7月以…
  5.  マカオ市政署(IAM)は7月10日、コロアン島にある石排灣郊野公園で飼育・展示してきたキタホオジ…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun