マカオ、益隆爆竹工場跡の遊歩道が一般公開

 マカオ・タイパ島の旧市街地に位置し、政府文化局(ICM)が整備を進めてきた益隆爆竹工場跡の遊歩道が12月23日に一般公開され、同日オープニングセレモニーが開催された。

 遊歩道は全長約400メートルで、木々に囲まれた美しい自然の中を歩きながら、マカオの産業史を感じることができる。遊歩道と同時に「マカオ爆竹製造業歴史展」が開幕し、ミュージアムショップもオープンした。

 近年のマカオはカジノを中心とするツーリズム業で世界的に知られるが、爆竹製造業はかつてマカオの三大伝統手工業の一角を占めた。マカオの爆竹製造業は1920年代から急速に発展する中、タイパ島に多くの工場が建てられたという。当時のマカオの軽工業の発展を牽引する存在で、主要な輸出品となり、1950〜70年代にかけて全盛期を迎えた。

「マカオ爆竹製造業歴史展」会場イメージ=2022年12月23日(写真:ICM)

 益隆爆竹工場は当時マカオ第二の規模を誇る爆竹工場で、タイパ島で最も長く操業を続けたとのこと。また、マカオに現存する爆竹工場の跡地としても最大規模、華南地区で最も保存状況の良好な工業遺産のひとつに数えられ、マカオの近代工業史を今に伝える稀有な存在という。

 今回一般公開された遊歩道沿いには爆竹工場を構成した数々の建物があり、設置された二次元バーコードをスキャンすることで工場の歴史や爆竹製造工程についての情報が表示され、理解を深めることができる。

 今後、カフェや親子向け施設のオープンも予定されている。

益隆爆竹工場跡の遊歩道が一般公開に=2022年12月23日(写真:ICM)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府環境保護局(DSPA)は6月20日、同局が主催する2023年度「マカオグリーンホテルア…
  2.  マカオ治安警察局は6月19日、マカオ半島中区の路上のエンリケ航海王子大通りでパトロール中、路上で…
  3.  マカオ政府統計・センサス局は6月19日、今年(2024年)4月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  4.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオの運営会社は6月18日、来月(7…
  5.  マカオ司法警察局は6月18日、マカオで被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、30代の香…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun