マカオのベーカリーがポルトガル伝統菓子「パン・デ・ロー」のご当地版を発売

 マカオのポルトガル焼き菓子専門ベーカリー、NATA Bakeryがポルトガルの日(6月10日)を記念してポルトガルの伝統菓子「パン・デ・ロー(Pão-de-Ló)」をマカオ市場で売り出したとのこと。

 パン・ド・ローといえば日本のカステラの原型して知られるが、同ベーカリーによれば、16世紀までにポルトガル、スペイン、イタリアの修道院で作られるようになり、主に卵、砂糖、小麦を使うところは共通しているものの、レシピは各地で独自のバリエーションがあったという。

 今回、同ベーカリーがマカオで売り出すものは、アルフェイゼラオン(Alfeizerão)スタイルから派生したマカオ限定のご当地バージョンで、ケーキを中心からカットすると、中からカスタード状のクリームが現れ、ふわふわのスポンジと口の中で絶妙に絡み合うのが特徴とのこと。

CuppaCoffeeで提供されるNATA Bakeryのマカオ限定版「パン・デ・ロー」(写真:NATA Bakery & CuppaCoffee)

 アルフェイゼラオンスタイルはポルトガル中部のアルコバッサ地域にあるサンタ・マリア・デ・コス修道院にルーツを持つとされ、19世紀後半に当地を訪れたポルトガル王のカルロス1世に半熟状態のまま提供されるというミスが発生したが、王がその風味と食感に感激し、洗練されたものだと絶賛したという逸話が残っているそう。

 このマカオ限定版のパン・デ・ローは、マカオに同ベーカリーの姉妹カフェ、CuppaCoffeeのマカオ半島とタイパ島にある2店舗で毎日午後3時半から焼き立てを提供しているという。サイズは7インチと3.5インチの2種類あり、いずれも数量限定。同ベーカリーのウェブサイト(macaubakery.com/)及びメールでの予約も受け付けているとのこと。

関連記事

最近の記事

  1.  澳門海關(マカオ税関)は9月27日、同月26日夜にマカオ半島北部・關閘エリアにあるショッピングア…
  2.  マカオ治安警察局は9月27日、包丁を持ちマンションの管理所を訪れたマカオ人の無職の男(69)を禁…
  3.  マカオ政府は9月27日、新馬路及び内港一帯の活性化プランを発表。同プランにはマカオ政府とカジノ経…
  4.  このほど英国の『タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)』が「THE世界大学ランキング20…
  5.  マカオ政府衛生局(SSM)は9月27日、このところマカオは降雨が多く室外の容器に水が溜まりやすく…

ピックアップ記事

  1.  マカオの統合型リゾート(IR)運営大手のギャラクシー・エンターテインメント・グループ(GEG)は…
  2.  香港とマカオの間をおよそ1時間で結ぶ高速船「ターボジェット」及び「コタイウォータージェット」を運…
  3.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2023年10月号
(vol.124)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun