マカオ、国際カジノ展「MGSエンターテインメントショー2023」が開幕…日系も存在感

 マカオ・コタイ地区の大型IR(統合型リゾート)ギャラクシーマカオのギャラクシーインターナショナルコンベンションセンターで11月14日、大型国際ゲーミング(カジノ)展示会「MGSエンターテイメントショー2023」が開幕した。

 同展のリアル開催は2020年以来のこと。会期は15日までの2日間。エキジビション面積は約3千平米で、出展者数はゲーミング関連の機器・用品メーカーをはじめとする35社。また、会場内のステージではアフターコロナ時代におけるゲーミング業界のマス市場シフトやノンゲーミングプロジェクトの展開などをテーマにしたゲーミング企業トップや有識者らによるカンファレンスも数多くプログラムされている。主催者によれば、2日間合計で5千人超の来場者を見込んでいるとのこと。

「MGSエンターテインメントショー2023」オープニングセレモニーの様子=2023年11月14日本紙撮影

 同展を主催するマカオのゲーミング機器製造業者の組合にあたる澳門娯楽設備廠商会(MGEMA)の陳捷(ジェイ・チュン)会長は14日午前に行われたオープニングセレモニーの中で、コロナ禍により過去2回はオンラインでの開催を余儀なくされたが、今年(2023年)に入って正常化が進み、ようやくリアル開催が実現したとし、本展が地元と世界の業界関係者の交流のハブとして機能し、マカオのエンターテインメント、テクノロジー、ツーリズム業界の活性化促進につながることを期待すると述べた。

「MGSエンターテインメントショー2023」エキジビションフロアの様子=2023年11月14日本紙撮影

 会場で大型ブースを展開していたのが世界のゲーミング(カジノ)機器メーカーだ。中でも、スロットマシン、ETGと呼ばれる各種電子テーブルゲームマシンに加え、LMGと呼ばれるライブ中継型ゲーミングシステムのリーディングカンパニーとして知られる地元マカオのメーカー、LT GAME社が注目を集めていた。同社は日本にも開発拠点を有することで知られ、本展でもLT GAME JAPAN社が日本ならではのアイデアや技術を活用して開発したという画期的なビデオスロット「RGX-1000」シリーズを出展した。

 また日系メーカーについては、ゲーミングマシンメーカーのセガサミークリエイションとコナミ、紙幣識別機のJCMグローバル、トランプを主とするゲーム用カード製造のエンゼルプレイングカードが出展し、会場内で大きな存在感を示していた。

LT GAME JAPAN社が出展したスロットマシン「RGX-1000」シリーズ=2023年11月14日本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府労工事務局(DSAL)は7月13日午後、同日正午頃、マカオ半島皇朝エリアにあるビルで労…
  2.  マカオ司法警察局は7月12日、青年の男性客へ賭博用途のカネを高利で貸し付けた上、返済不能に陥った…
  3.  マカオ政府統計・センサス局は7月12日、今年第2四半期(2024年4〜6月)の観光物価指数が前年…
  4.  マカオではアフターコロナで社会・経済の正常化が進んだ昨年(2023年)から歩行者による禁止場所で…
  5.  きょう(7月12日)、マカオ半島歴史市街地区の世界遺産・セナド広場前にあるリッツビルにマカオの観…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…

注目記事

  1.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun