マカオIR運営サンズチャイナが日本人観光客と日本コンテンツ誘致に高い関心…エグゼクティブ・バイス・チェアマンインタビュー

 最近、サンズマカオ、ヴェネチアンマカオ、ロンドナーマカオなど、マカオで複数の統合型リゾート(IR)施設を運営するサンズチャイナ社が傘下IR施設公式ウェブサイトの日本語対応や日本関連コンテンツの誘致に積極的な動きを見せており、日本への関心を強めているように感じる。

 もともとマカオの同業の中では日本における知名度が高い同社だが、どのような背景があるのか、このほど同社エグゼクティブ・バイス・チェアマンインタビューのウィルフレッド・ウォン(王英偉)氏へインタビュー取材を実施。同社が日本人観光客、そして日本コンテンツに対して高い関心と期待を抱いていることがうかがえた。以下にインタビューの抜粋を掲載する。

本紙:
 サンズチャイナ社は日本を重要なアジア市場のひとつに位置付けていると聞いていますが、今年の日本人観光客誘致に関する戦略やプランをお聞かせください。

ウォン氏:
 マカオへのインバウンド旅客数から見て、日本は我々にとって最も有望なアジアにおける国際旅客ソースのひとつです。また、当社による調査で、日本からの観光客1人あたりのIRにおける消費額が特に高いことがわかっています。これは、日本人観光客がマカオで体験できるさまざまなエンターテインメント、レジャー、ホスピタリティへの参加を好む傾向があることを示唆していると言えるでしょう。弊社にとって好機となり、日本人観光客の皆様の要望や期待に応えるべく、没入型のカルチャー体験、言語サポートといった特有の興味や嗜好への対応を含む各種マーケティングやサービスのカスタマイズに取り組んでまいります。

本紙:
 サンズチャイナ社は(マカオで開催中の日本をテーマにした大規模ツーリズム・カルチャー複合イベント)マカオ・ジャパン・スプリング・フェスティバル「CONTEMPO(コンテンポ)」の共同主催となっていますが、参画を決めた理由と期待する効果についてお聞かせください。

ウォン氏:
 サンズチャイナとして、マカオ政府旅遊局及びマカオ貿易投資促進局が後援するマカオ・ジャパン・スプリング・フェスティバルへ参画できることをたいへん光栄に思っています。マカオ政府の「ツーリズム+(プラス)」政策に呼応し、弊社は初開催となる当フェスティバルの共同主催者の一社となり、マカオと日本の両地域の交流促進につながり、またマカオ市民とマカオを訪れる旅客へ日本文化の素晴らしさを楽しんでいただく機会になればと考えています。私はこのイベントが文化交流の促進のみならず、中長期的に見てマカオのカルチャーカテゴリーの発展と充実に寄与し、またマカオと日本との結びつきを強化することにつながり、ツーリズム産業の発展という経済的な波及効果を生み出すと確信しています。また、世界中からマカオを訪れる観光客を魅了し、国際的な注目を集める起爆剤となる可能性を秘めていると思います。

本紙:
 サンズチャイナは八王子高校吹奏楽部やチームラボの常設ミュージアム、上述のコンテンポといった日本関連コンテンツを次々とマカオへ誘致していますが、今後どのようなプランをお持ちですか?

ウォン氏:
 サンズチャイナはマカオ政府が掲げるファミリーフレンドリーで幅広い層に多様なワールドクラスのエンターテインメント体験を提供するという目標にフルコミットし、ノンゲーミング要素の拡充に全力で取り組んでいます。この目標を達成のため、弊社の擁する卓越したベニュー群とさまざまなリソースの活用を進めており、一例として最近スペクタクルな「ハリーポッター展」を誘致し、傘下のIR「ロンドナーマカオ」で開催中です。もちろん、日本とのリレーションシップも継続、強化し、より多様でエキサイティングなイベントの数々を共に作り上げていきたいと考えています。私たちの共通の目標は、マカオへお越しの観光客の皆様に、素晴らしい体験を提供し、思い出に残るひとときを過ごしていただくことです。

本紙:
 マカオのインバウンド市場では中国本土からの旅客が大半を占めますが、日本をテーマにしたイベントで興味を喚起することはできるものでしょうか?

ウォン氏:
 日本は中国本土における人気の海外旅行先ランキングで上位の常連となっています。マカオで日本をテーマにしたイベントを開催することで、日本を訪れる機会がない中国本土からの旅客に日本の伝統文化、エンターテインメント、アート、料理などに触れていただく機会となり、こういった目新しい感覚がツーリズムエクスペリエンスの向上につながると考えます。

 マカオのインバウンド市場はアフターコロナで急回復が進むが、日本を含む国際旅客ソースに限ると戻りの遅れが指摘されており、マカオ観光の目玉のひとつであるIR各社の積極的な取り組みに期待がかかる状況。同社はマカオのIR運営企業の中で最大規模を誇り、今後も同社の日本関連の動きに注目したい。

サンズチャイナ社エグゼクティブ・バイス・チェアマンインタビューのウィルフレッド・ウォン氏(写真:Sands China Limited)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオで複数のカジノIR(統合型リゾート)を運営するサンズチャイナ社は4月18日、今年(2024…
  2.  マカオ政府衛生局(SSM)は4月17日夜、マカオで今年(2024年)4人目となる在郷軍人病(退役…
  3.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカップマカオ…
  4.  このほどマカオのゲーミング規制当局(博彩監察協調局=DICJ)が公表した今年第1四半期(2024…
  5.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)3月の住宅売買・…

ピックアップ記事

  1.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun