マカオで孤発性クロイツフェルト・ヤコブ病とみられる症例確認=患者は51歳マカオ居民女性

 マカオ政府衛生局(SSM)は2月28日、公立総合病院の仁伯爵綜合醫院(通称:山頂醫院)からクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の可能性が極めて高いとみられる症例を確認したとの報告があったと発表。今回の患者は孤発性の症例であり、牛肉及び牛肉製品とは無関係で、また一般接触による伝播の可能性もないとし、市民に対して過度な心配をしないよう呼びかけた。

 患者はマカオ居民の女性(51)で、昨年(2023年)12月からめまいや視界がぼやけるといった症状が出現し、今年1月にマカオの医療機関を受診し、CDJが疑われるとして検体を採取して検査を実施したとのこと。2月に入って症状が悪化し、歩けなくなったり問いかけに反応できなくな出どころことから仁伯爵綜合醫院の救急外来を受診し、入院を受けることが決定。2月28日に脳脊髄液検体の検査結果が判明し、プリオン蛋白陽性だったという。

 患者の家族への調査で、家族に類似の症状は出現しておらず、患者は長期にわたって外国に居住したことも輸血や手術を受けたことはないとの説明があり、患者の病歴、臨床症状、検査結果から、孤発性CDJの可能性が極めて高いという診断を下すに至ったとのこと。

 同局では、患者は直近の仁伯爵綜合醫院入院中に手術をしておらず、プリオンに汚染された医療器具からの伝播を考慮し、一時性の侵入性の器具を使用し、使用済みの器具は感染性廃棄物として高温焼却処理を行ったとした。

 同局によれば、孤発性CDJは世界各地でおよそ100万人に1〜1.5人の割合で発症するとのこと。マカオにおける以前の症例確認は2012年、2017年、2019年と今年1月に報告された4例のみという。

マカオの公立大型総合病院、仁伯爵綜合醫院(資料)=本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオで複数のカジノIR(統合型リゾート)を運営するサンズチャイナ社は4月18日、今年(2024…
  2.  マカオ政府衛生局(SSM)は4月17日夜、マカオで今年(2024年)4人目となる在郷軍人病(退役…
  3.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカップマカオ…
  4.  このほどマカオのゲーミング規制当局(博彩監察協調局=DICJ)が公表した今年第1四半期(2024…
  5.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)3月の住宅売買・…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun