マカオ衛生局、エボラ出血熱対策演習実施

西アフリカで伝染病のエボラ出血熱が猛威を振るう中、マカオ政府衛生局は8月22日、複数の政府部門と合同による対策模擬演習を外港フェリーターミナルと山頂医院で実施した。マカオでは今年(2014年)7月末からエボラ出血熱の水際対策措置を導入している。

今回の演習では、4日前に西アフリカのエボラ出血熱流行地を出発し、妻と子供とともに香港国際空港を経由して海路でマカオ外港フェリーターミナルへ到着したという家族をモデルとした。外港フェリーターミナルの検疫担当官が体温検査で夫役の男性1名の発熱を確認、ただし同行の妻と子供には症状が見られないという状況。発熱症状の見られた夫役がエボラ出血熱ウイルスの潜伏期間とされる21日以内に流行地に滞在していたことから感染が疑われる事例とみなし、妻と子供をその密接接触者と認定。その後、水際対策措置に沿って疾病予防センターに通報され、防護服を着た消防隊員が隔離フロアのある山頂医院へ搬送。病院では血液サンプルの採取、同サンプルの分析を行う公共衛生研究施設への安全な移送などを行った。

衛生局、消防局、税関、新聞局、海事・水務局の政府職員ら約68人が参加した今回の演習は予定より1時間早い約2時間で順調に終了したという。

防護服を着た消防局員により外港フェリーターミナルから山頂医院へ搬送される患者役(写真:新聞局)

防護服を着た消防局員により外港フェリーターミナルから山頂医院へ搬送される患者役(写真:新聞局)


山頂医院の隔離病棟から血液サンプルを研究機関へ移送するシーン(写真:新聞局)

山頂医院の隔離病棟から血液サンプルを研究機関へ移送するシーン(写真:新聞局)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は6月13日、マカオで4人の被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、香港…
  2.  マカオ治安警察局は6月13日、公共エリアにおける賭博行為でローカルの男女5人(57〜70歳)を検…
  3.  マカオ政府海事・水務局(DSAMA)は6月13日、同局が管轄するギア灯台(東望洋燈塔)について、…
  4.  英「タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)」は6月12日、2024年度のTHE世界大学影…
  5.  マカオ司法警察局は6月12日、同日カジノ施設などが集積する繁華街のひとつ、マカオ半島新口岸地区に…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun