違法宿泊施設から不法入境者ら7人—マカオ・山邊巷

マカオ治安警察局は10月22日、少なくとも2ヶ月に渡って違法宿泊施設として営業していたマカオ半島山邊巷のマンションの部屋の捜索を行った。部屋に板いずれも中国本土出身の宿泊客の男女7名を拘束して取り調べを行った結果、2名が不法入境者であるとわかった。また、別の暴力事件で逮捕された中国本土出身でオーバーステイだった女がこの宿泊施設の経営者と判明。

違法宿泊施設として営業いていたマンションはベッドルームが3室、リビングが1室という間取りで、30〜50代の男女7人が宿泊していた。客らは互いに面識がなく、それぞれ1室1日あたり100〜300パタカの費用で宿泊していたという。宿泊期間は数日から2ヶ月とまちまちだった。

宿泊客7人のうち、40歳台の湖南省出身の男が不法再入境、50歳の上海出身の男が不法入境かつ他人名義のマカオ居民証を所持していた。マカオ居民証は中国本土で購入したと供述しているという。

また、捜索と同日、司法警察局がマカオ半島新口岸地区のカジノで発生した暴力事件で逮捕した50歳台の女が、この違法宿泊施設の経営者であることが判明し、治安警察局に身柄を引き渡した。女はカジノ内で紹介を受けた男からの紹介でこの違法宿泊施設の客となった後、運営を任されていたと供述しているとのこと。警察では逃亡中の関係者の行方を追っている。

合法宿泊施設への宿泊を呼びかけるチラシ(旅遊局ウェブサイトより)

合法宿泊施設への宿泊を呼びかけるチラシ(旅遊局ウェブサイトより)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局では、マカオの地域コミュニティの治安環境の浄化による市民と旅客の安全を確保するた…
  2.  マカオの出入境管理を担当する治安警察局は6月22日、SNS等を通じて非居民のマカオ入境時の旅券有…
  3.  澳門海關(マカオ税関)は6月20日、同月19日にマカオ半島北部・祐漢エリア所在の工業ビル内に開設…
  4.  マカオ司法警察局は6月20日、マカオで高齢者の被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案3件に関与…
  5.  マカオ政府統計・センサス局が6月21日に公表した資料によれば、今年(2024年)5月の総合消費者…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun