アジア最大の室内氷像展「アイスワールド」開催 ヴェネチアンマカオで4年連続 米ドリームワークスと組む

マカオ・コタイ地区のカジノ付き大型IR(統合型リゾート)施設、ヴェネチアンマカオは11月13日、同リゾート内に併設するコンベンションホールコタイエキスポホールで、アジア最大規模となる室内氷像展「アイスワールド」を今月27日から来年(2015年)3月28日まで開催することを発表した。

ヴェネチアンマカオの室内氷像展の開催は今回で4年連続となる。米ドリームワークスと組み、同社のアニメ映画「マダガスカル」に登場するキャラクター「ペンギンズ」が案内役となり、館内6つのゾーンを巡るというもの。「シュレック」、「カンフーパンダ」、「ヒックとドラゴン」などに登場する人気キャラクターやイタリア・ヴェニスの町並みなどが氷像で再現される。エキジビションスペースの面積は約1600平米。氷像の制作は、中国・黒龍江省ハルビン市の氷像アーティストが手がける。

入場料金は大人・子供(3〜12歳)が120パタカ(日本円換算:約1700円)、大人2人と子供2人のファミリーパッケージが312パタカ(約4500円)。チケットはヴェネチアンマカオ系のチケット会社、コタイチケッティングの窓口及びインターネット経由で販売する。

ヴェネチアンマカオでは、「アイスワールド」の開催を通じて家族連れの顧客開拓を進めたい考え。マカオのカジノマーケットでは、これまで売上の大半を占めた富裕層向けのVIPルームが苦戦している中、ライト層向けのマスゲーミング(平場)部門が伸長している。また、マカオ政府も、カジノ一辺倒からの脱却を図るため、ノンゲーミング分野への投資実績を今後の新規ゲーミング(カジノ)テーブル配分の際の判断基準のひとつとすると明言している。ヴェネチアンマカオの親会社、サンズチャイナでは、コタイ地区でカジノ付き大型IR施設「パリジャン」の開発を進めており、一定数のゲーミングテーブルの確保が至上命題となっている。サンズチャイナグループでは傘下のヴェネチアンマカオ、サンズコタイセントラル、ザ・プラザでは、エンタテインメントやスポーツ興行の誘致、ショッピングモールの拡充などを近年積極的に展開している。

ドリームワークスの人気キャラクターが多数登場するアジア最大の室内彫像展「アイスワールド」。ハルビンの氷像アーティストが氷像の制作を手がける(写真提供:The Venetian Macao)

ドリームワークスの人気キャラクターが多数登場するアジア最大の室内彫像展「アイスワールド」。ハルビンの氷像アーティストが氷像の制作を手がける(写真提供:The Venetian Macao)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)グランドリスボアパレス(上葡京)で4月22日、世界…
  2.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社は4月22日、マカオ特別行政区の成立25周…
  3.  マカオ政府統計センサス局(DSEC)は4月22日、今年(2024年)3月及び1〜3月累計の訪マカ…
  4.  マカオを中心にアジア、欧州で統合型リゾート(IR)施設の開発・所有・運営を行うメルコリゾーツ&エ…
  5.  マカオ治安警察局は4月21日、自動車の運転者と歩行者の安全を確保するため、マカオ域内の各所でキッ…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun