マカオで近年来初の破傷風感染確認=中国で転倒した際のケガが原因

マカオ政府衛生局は4月11日、マカオに住む82歳の男性が破傷風に感染していることが確認されたと発表。男性は現在鏡湖医院の集中治療室で治療を受けており、人工呼吸器が必要な状態であるものの、容体は落ち着いているという。

衛生局の調査によると男性は先月26日に中国本土を訪れた際、バス降車時に転倒し、左の手のひらに裂傷を負った。現地で簡単な応急手当を受けた後、マカオへ戻って仁伯爵綜合医院の救急外来で患部の縫合手術を受けた。その後も患部の腫れがひかず、今月6日になって口のしびれ、噛み合わせ困難といった破傷風独特の症状が現れはじめ、翌7日から鏡湖医院に入院。その後、今月9日になって一時呼吸停止になるなど容体が急変し、集中治療室へ移されていた。

破傷風は土壌中に生息する破傷風菌が傷口から体内に侵入し、菌が出す毒素によって全身の筋肉が痙攣を引き起こす感染症。潜伏期間は一般的に1〜2週間とされる。衛生局では、ケガをした際に傷口を徹底して清潔にすること、最も有効な予防法である破傷風ワクチン接種を受けるよう市民に接種を呼びかけた。

マカオで破傷風感染が確認されたのは届出伝染病統計がスタートした1987年以降で今回が初めてとなる。日本の国立感染症研究所の公表データによると、日本では1991年以降年間30〜50人が感染しており、致命率も20-50%と極めて高い。

顕微鏡で見た破傷風菌(写真:CDC=アメリカ疾病予防管理センター)

顕微鏡で見た破傷風菌(写真:CDC=アメリカ疾病予防管理センター)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府衛生局は4月19日夜、「人食いバクテリア」と呼ばれる細菌のひとつ、ビブリオ・バルニフィ…
  2.  マカオ政府統計調査局は4月19日、今年(2024年)2月の飲食業と小売業に関する景気調査結果を公…
  3.  4月19日付のマカオ特別政府区公報に「不動産需要管理に関する税制措置の撤廃」法が掲載され、翌日(…
  4.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカップマカオ…
  5.  マカオではアフターコロナで社会・経済の正常化が進んだ昨年(2023年)から歩行者による禁止場所で…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun