パンダのつがい今月末マカオ到着、先代の名前を継承へ=マカオ返還15周年「プレゼント」

マカオ政府行政法務庁長官事務所は4月19日、中国中央政府から返還15周年を記念してマカオへ寄贈されることが決まっているジャイアントパンダの個体、オスの「ヤーリン」とメスの「スーロン」のつがいが今月30日にマカオへ到着することを明らかにした。

中央からマカオにパンダのつがいが贈呈されるのは、今回が返還10周年以来5年ぶり2度目となる。

また、5年前と異なり、今回は名前を一般公募しない方針とされてきた。そのため、すでにそれぞれが持つ「ヤーリン」と「スーロン」の名前が使用されるものと見られていたが、同日、返還10周年の際に一般公募で決まった先代と同じ名前に改名されることが発表された。先代の名は中国語で「ハッピー」を意味する「開心(カイシン)」から、オスが「カイカイ(開開)」、メスが「シンシン(心心)」と名付けられたもので、マカオ市民が選んだものであり、すでに広く親しまれていることなどを理由に「継承」が決まったという。

なお、現在マカオジャイアントパンダパビリオンで飼育、展示されている先代の「カイカイ」については、元の名前の「スーヤン(蜀祥)」に改名された上、全国ジャイアントパンダ繁殖計画に参加するため中国本土に里帰りし、そのままマカオ戻らないという。メスの先代「シンシン」は昨年6月に急性心不全で亡くなっている。

返還15周年を記念してマカオへ贈呈されるジャイアントパンダのつがい、右がオスの”新”カイカイ(ヤーリン)、左がメスの”新”シンシン(スーロン)(写真:GSAJ)

返還15周年を記念してマカオへ贈呈されるジャイアントパンダのつがい、右がオスの”新”カイカイ(ヤーリン)、左がメスの”新”シンシン(スーロン)(写真:GSAJ)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局の発表によれば、4月19日から同日からポルトガルとシンガポールのパスポート保有者…
  2.  マカオ司法警察局は4月19日、同月17日にマカオの公共の場所でフィリピン人とみられる男らが集まっ…
  3.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで開催中の「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカッ…
  4.  このほど、マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオのファミリープログラム…
  5.  マカオ政府統計センサス局(DSEC)は4月19日、2023年環境統計を公表。同年のマカオの陸地面…

ピックアップ記事

  1.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun