マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのカジノIRで警察官が威嚇発砲…違法喫煙者を注意した際に襲われる

社会・政治2019/01/04 09:39

マカオ・コタイ地区にある大型カジノIR(統合型リゾート)で1月3日深夜、マカオ治安警察局所属の警察官が複数の男から襲われた際、威嚇発砲を行ったという。

マカオ治安警察局の発表及び政府系放送局TDMのラジオニュースが速報した内容などによれば、3日午後11時20分頃、IR施設「ギャラクシーマカオ」のメインエントランスにあたるダイヤモンドロビーの門外で巡回にあたっていた警察官1名が禁煙ゾーンで違法喫煙を行っていた複数名の男を発見し、注意したところ、突然男らが警察官に襲い掛かったとのこと。

警察官は警棒で応対したが暴力行為は収まらず、拳銃を出して再度警告を発するも効果がなかったため、上空に向けて威嚇射撃を行うに至った。

その後、応援の警察官が現場に到着し、襲撃に加担した中国本土出身の男3人の身柄を拘束。いずれも酒に酔っている状態だったという。

なお、襲われた警察官は手、足、腹部に軽傷を負い、治療のため病院に搬送されたとのこと。

大型IR「ギャラクシーマカオ」のダイヤモンドロビー門外(資料)-本紙撮影

大型IR「ギャラクシーマカオ」のダイヤモンドロビー門外(資料)-本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 5月25日発刊 (6月号 vol.072」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース