マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオの大学生、就職先一番人気は公務員

その他2019/09/24 09:49

 マカオ政府高等教育局は9月23日、今年(2019年)のマカオ大学卒業生進学・就職意向調査結果を公表。同調査は今年3月〜5月にかけて2018〜2019年度の卒業見込者を対象にアンケート調査形式で実施されたもので、有効回答数は2226件。

 調査結果によれば、卒業見込者の約73%が就職を計画。進学、就職と進学を並行がそれぞれ約1割だった。就職を計画している学生のうち8割が地元マカオでの就職を希望。志望業界のトップ5は公務員、観光・MICE、教育、銀行・金融、社会サービスだった。希望報酬は、約3割が2万マカオパタカ(日本円換算:約26.6万円)以上、37%が1万5000〜2万マカオパタカ(約20.0〜26.6万円)と回答。参考までに、マカオの月給中位数(今年第2四半期)は、就業人口全体で1万6300マカオパタカ(約21.7万円)、マカオ居民に限ると2万マカオパタカ。

 進学を計画している学生のうち、約74%が修士課程への進学を予定。就学エリアについては、全体の約51%がマカオとし、以下は中国本土、香港、英国、台湾と続いた。履修分野のトップ3は、商業・行政・法律、芸術・人文、衛生・福祉で、全体の約63%を占めた。このほか、海外で学ぶ学生のうち、卒業後マカオへ戻る意向を示したのは約55%、未定は約30%だった。

マカオの町並み(資料)=マカオ半島・内港上空から空撮、2015年4月(写真:GCS)

マカオの町並み(資料)=マカオ半島・内港上空から空撮、2015年4月(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年10月25日発刊 (11月号 vol.077」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース