マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

ドンキのマカオ進出計画…2024年までに2店舗体制へ

澳日関係2021/02/21 11:10

 ドン・キホーテなどを傘下に持つ日本の流通大手のパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)はかねてよりマカオ進出意向を明らかにしている。

 同社は海外において日本製もしくは日本市場向けの商品や、日本産品を低価格で提供するジャパンブランド・スペシャリティストアをコンセプトとするDON DON DONKI(ドンドンドンキ)ブランドで店舗を展開。現時点でマカオの店舗数はゼロだが、同社が2月10日に公表した2021年第2四半期連結業績説明資料によれば、2024年6月期時点のマカオにおける出店イメージを2店舗程度とした。昨年11月に公表した同第1四半期連結業績説明資料では1店舗程度としていたことから、上方修正されたことになる。マカオの人口は約68万人、面積は東京の山手線のおよそ半分にあたる約30平方キロメートル。

 その背景として、マカオと地理的、文化的に近い香港での成功があるとみられる。香港では昨年末時点で6店舗を展開するが、2024年6月期時点の出店イメージは24店舗とした。香港の人口は約750万人、面積は東京都の約半分にあたる1100平方キロメートル。

 マカオでは、第1号店オープンの準備が着々と進んでいるようだ。すでに、人材募集もスタートしていることから、そう遠くない時期にオープンするものとみられる。関係者の話を総合すれば、第1号店の出店場所はマカオ半島北西部の筷子基(ファイチーケイ)エリアとされる。高層マンション群が建ち並び、マカオで最も人口密度の高い住宅街のひとつだ。

 マカオでも訪日旅行がブームとなっており、日本国内のドンキ店舗利用経験を持つ人が多く、香港メディアを通じてDON DON DONKI香港各店の情報も伝わっており、進出を心待ちにする市民の声が多く聞かれる。

2021年2月に香港・小西灣にオープンしたDON DON DONKIアイランドリゾート店のイメージ(資料)(写真:PPIH)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年11月24日発刊 (12月号 vol.102」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース