マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、大型IR「スタジオ・シティ」第2フェーズは2022年末完成予定…ザハ・ハディド・アーキテクツが設計

観光2021/11/15 19:16

 マカオなどでIR(統合型リゾート)を運営するメルコリゾーツ&エンターテインメント社(以下、メルコリゾーツ)は11月15日、マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ」の第2フェーズ(拡張プロジェクト)建設現場でトッピング・アウト・セレモニーを開催。

 同社によれば、スタジオ・シティ第2フェーズの延床面積25万平米、投資額約13億米ドル(日本円換算:約1482億円)とのこと。2つの高級ホテル(客室数合計約900室)、アジア最大規模のアウトドア&インドア・ウォーターパーク、シネコン(6スクリーン)、ショッピングアーケード(2.1万平米)、カジノ(2300平米)、MICEファシリティなどが入るとのこと。設計はザハ・ハディド・アーキテクツが手掛け、開発にあたってサステイナビリティを重視しているという。落成予定時期は来年(2022年)12月の見通し。

 メルコリゾーツのローレンス・ホー会長兼CEOは登壇した際、同プロジェクトの99%がノンゲーミング(非カジノ)要素であり、今後さまざまなレジャー分野の施設を拡充し、マカオの多元的発展に貢献していきたいとコメント。また、コロナ禍でマカオ市場は短期的には困難な状況に直面しているが、中長期的な発展に自信を持っているとした。

「スタジオ・シティ」第2フェーズの外観イメージCG(図版:Melco Resorts & Entertainment Limited)

 スタジオ・シティの開業年は2015年。メルコリゾーツがザハ・ハディド・アーキテクツと組むのはコタイ地区にある大型IR「シティ・オブ・ドリームズ」に併設するかたちで2018年に開業したホテル「モーフィアス」以来、二度目のこと。

 メルコリゾーツは、マカオ政府とカジノ経営コンセッション(経営権契約)を結ぶ6陣営の一角。コンセッションの満期は来年6月26日に満期を迎える予定となっており、本プロジェクトはこれを跨ぐ計画となっている点でも注目を集めている。

メルコリゾーツのローレンス・ホー会長兼CEOによるスピーチの様子=2021年11月15日、マカオ・コタイ地区にて本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年11月24日発刊 (12月号 vol.102」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース