マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

協調融資で42億香港ドル調達―フィッシャーマンズワーフ

産業・経済2014/04/09 09:28

マカオのレジャー大手マカオレジェンド(澳門勵駿)傘下でフィッシャーマンズワーフの運営企業のフィッシャーマンズワーフインターナショナルインベストメントホールディングス(漁人碼頭國際投資股份有限公司)は4月8日に記者会見を開き、銀行十行による協調融資で42億香港ドル(日本円換算:約552億円)を調達したと発表した。

今回の融資で得た資金の用途はフィッシャーマンズワーフのリニューアルで、ホテル3軒及びマカオ恐竜館の新設、古代ローマ劇場の再建などに充てる。総投資額は60億香港ドル(日本円換算:約789億円)で、2017年までのオープンを目指す。

協調融資に参加する銀行はマカオ、香港、台湾、ポルトガルの十行で、幹事行は中国工商銀行マカオ分行。

記者会見でマカオレジェンドディベロップメント社のデービット・チャオ(周錦輝)会長はフィッシャーマンズワーフにファミリー向け文化、娯楽施設などノンゲーミングコンテンツを注入することで、マカオ半島の新たな観光名所にしたいと意気込みを語っている。

融資の用途にある3軒のホテルについては、今年(2014年)第3四半期の開業を予定しているプラハ・ハーバービュー・ホテル(約450室)のほか、勵宮酒店(約200室)、勵駿酒店(約600室)。恐竜館は広さ8,700平米のサイエンス・エンタテインメント施設。世界最大級の恐竜化石を展示する計画などもあり、現在設計の最終段階にあるという。建設許可獲得後、約1年で完成する見込み。この他、1,200席の古代ローマ劇場の再建、ショッピングストリートの拡充、ヨットハーバーの整備などを予定しているという。

総投資額60億香港ドルのうち、今回調達した42億香港ドル以外はすでに市場から調達済み。今後しばらくは、新たな融資調達の予定はないという。

フィッシャーマンズ内に建設中のプラハ・ハーバービュー・ホテル(資料)―本紙撮影

フィッシャーマンズ内に建設中のプラハ・ハーバービュー・ホテル(資料)―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年8月24日発刊 (9月号 vol.099」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース