マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

通関者数1.34億人=マカオの出入境施設、1-11月累計で早くも前年超え

珠江デルタ2014/12/11 09:50

マカオの出入境施設の通関者数が今年(2014年)1-11月の累計で1.34億人となり、前年実績の1.33億人を上回ったことがわかった。12月10日午後、マカオの政府系放送局TDMが新華社電を引用してラジオニュースで報じた。

マカオの出入境施設の中で利用者が最も多かったのは、マカオ半島北部にある關閘(ボーダーゲート)で、1-11月の累計は1億160万人となり、前年通年で過去最高を記録した9983万人をさらに上回り、初の1億人越えを達成。關閘・拱北ルートの通関者数は中国全土でもトップ。

關閘は、中国・珠海市の拱北との間を結ぶ陸路のボーダー。拱北は珠海市の市街地中心にあたり、大型バスターミナルや高速鉄道の駅のあるエリア。關閘出入境施設の利用者は中国本土からマカオを訪れる旅客、中国本土へ向かうマカオ住民の利用が中心。

今年12月18日から、關閘出入境施設の通関時間が2時間延長されることが決まっており、今後、さらに利用者数が増えるものと予想される。

中国本土を含む域外からマカオを訪れる年間旅客数はのべ約3000万人、マカオの人口は約60万人。

中国本土からマカオを訪れる旅客の大半が利用する出入境施設、關閘ボーダーゲート(資料)―本紙撮影

中国本土からマカオを訪れる旅客の大半が利用する出入境施設、關閘ボーダーゲート(資料)―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年2月24日発刊 (3月号 vol.093」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース