マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

ジェットスター、マカオ〜沖縄線を年内にも新規就航へ

澳日関係2015/08/22 14:45

LCC(格安航空会社)大手ジェットスター航空グループで、ベトナムに本拠地を置くジェットスター・パシフィック航空が年内にもマカオと沖縄(那覇)を結ぶ新路線を開設する計画であることが分かった。

ジェットスター・パシフィック航空のアポッター・ジャン(張威)グレーターチャイナ地区総監が8月21日、マカオ国際空港で開催された同社のマカオ〜ハイフォン(ベトナム)線の就航記念式典に出席した際に明らかにしたもの。同社では、今年下半期にマカオ〜沖縄線を含む国際線3路線の新規就航を計画しているという。

現在、マカオと日本を結ぶ定期便はマカオ航空の東京(成田)、大阪(関空)線のみ。マカオ航空がチャーター便で沖縄線を運航したことはあるが、今回のジェットスターパシフィックによる新規就航が実現した場合、マカオ国際空港開港以来初めての定期便となる。

マカオと海を隔てて約50kmの位置にある香港と沖縄を結ぶ路線には、キャセイパシフィック航空系の香港ドラゴン航空、香港航空、日系LCCのピーチ・アビエーションの3社が就航している。香港と沖縄は地理的にも近く、フライト時間はおよそ2時間。円安による日本渡航ブームの後押しもあり、「最も短時間で行ける日本」として人気のデスティネーションとなっている。

マカオ国際空港で開催されたジェットスター・パシフィック航空のマカオ〜ハイフォン戦就航記念式典=8月21日(写真:Macau International Airport)

マカオ国際空港で開催されたジェットスター・パシフィック航空のマカオ〜ハイフォン戦就航記念式典=8月21日(写真:Macau International Airport)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 7月24日発刊 (8月号 vol.074」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース